パナソニック、Sandy Bridge搭載の「Let'snote S10/N10」
〜CPUを強化した2011年春モデル

Let'snote S10

2月10日 発売

価格:オープンプライス



 パナソニックは、ノートPC「Let'snote」シリーズの2011年春モデルを2月10日より発売する。価格はオープンプライス。

 新モデルはいずれもCPUを強化。12.1型の「Let'snote S10」、「Let'snote N10」は、Core i5-2520M vProに世代交代した

●Let'snote S10

 12.1型2スピンドルのLet'snote S10は、CPU強化のほかHDDを増量。メモリ容量は4GBで変わらないが、従来の2GB×2の構成から4GBモジュール1枚に変更。スロットが1つ空き、最大容量は8GBになった。また、SDXCカードスロットがUHS-Iの高速転送に対応した。

 店頭予想価格は、通常モデルが200,000円前後、Office Home and Business 2010搭載モデルが225,000円前後の見込み。本体色はシルバー、ホワイトが用意される。

 主な仕様は、Core i5-2520M vPro(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 500GB、Intel QM67 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,280×800ドット(WXGA)表示対応12.1型ワイド液晶、Windows 7 Professional(64bit)を搭載。OSはHDDリカバリで32bit版に変更できる。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDXCカードスロット、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は約15.5時間で、従来機種から約1時間伸びた。本体サイズは282.8×209.6×23.4〜38.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.33kg。

 直販のマイレッツ倶楽部モデルは、2月26日に発売。Core i5-2540M vPro(2.60GHz)、Core i7-2620M vPro(2.70GHz)や、SSD、ワイヤレスWANなどを選択でき、Bluetooth 2.1+EDRが追加される。

●Let'snote N10

 12.1型1スピンドルのLet'snote N10は、S10と同等の強化を施した。店頭予想価格は190,000円前後の見込み。Officeモデルは無い。

 主な仕様は、Core i5-2520M vPro(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 500GB、Intel QM67 Expressチップセット、12.1型WXGA液晶、Windows 7 Professional(64bit)を搭載。OSはHDDリカバリで32bit版に変更できる。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Type2 PCカードスロット、SDXCカードスロット、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は約15.5時間。本体サイズは282.8×209.6×23.4〜38.7mm(同)、重量は約1.27kg。

●Let'snote J10

 10.1型の「Let'snote J10」は、上位/下位それぞれCPUを強化したほか、SDXCカードスロットがUHS-Iの高速転送に対応した。そのほかの特徴は秋冬モデルを継承する。

 上位の「CF-J10Q」は、Core i5-480M(2.66GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB(最大6GB)、SSD 128GB、Intel HM55 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応10.1型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(32bit、64bitセレクタブル)を搭載。

 店頭予想価格は180,000円前後、Office Home and Business 2010搭載モデルは205,000円前後の見込み。付属のジャケットはパンサーブラック。

 バッテリ駆動時間は約12時間。重量はジャケット装着時が約1.205kg、本体のみが約0.99kg。

 下位の「CF-J10P」は、CF-J10QからCPUをCore i3-380M(2.53GHz、ビデオ機能内蔵)、ストレージをHDD 160GBに変更した構成。店頭予想価格は120,000円前後、Office Home and Business 2010搭載モデルは145,000円前後の見込み。付属のジャケットはシフォンホワイト。

 バッテリ駆動時間は約7.5時間。重量はジャケット装着時が約1.185kg、本体のみが約0.97kg。

CF-J10Q CF-J10P

 インターフェイスは共通で、USB 2.0×3、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDXCカードスロット、音声入出力などを備える。

 本体サイズはジャケット装着時が259×185×39〜48mm(同)、本体のみが251.9×171.7×27.3〜35.1mm(同)。

 直販のマイレッツ倶楽部モデルはハイパフォーマンスモデル、プレミアムエディションを2月26日に発売。プレミアムエディションはCore i7-2620Mを搭載する。また、2モデルともにメモリが4GB(最大8GB)に強化され、OSをWindows 7 Professionalに変更し、Bluetoothが追加される。

●Let'snote F10

 ハンドル付きの14.1型は、CPUをCore i5-580M vPro(2.66GHz、ビデオ機能内蔵)に強化した。店頭予想価格は200,000円前後、Office Home and Business 2010搭載モデルは225,000円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i5-580M、メモリ4GB(最大6GB)、HDD 500GB、Intel QM57 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,440×900ドット(WXGA+)表示対応14.1型ワイド液晶、OSにWindows 7 Professional(32bit、64bitセレクタブル)を搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、Type2 PCカードスロット、SDXCカードスロット、ミニD-Sub15ピン、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は約9時間。本体サイズは326×251×25.5〜48.5mm(同)、重量は約1.62kg。

(2011年 1月 27日)

[Reported by 山田 幸治]