デル、Sandy Bridge搭載PC 4製品を発売

デルのSandy Bridge搭載PC

1月11日 発売

価格:BTO



 デル株式会社は、Intelの第2世代Coreプロセッサー・ファミリーを搭載したPC新製品を1月11日より発売する。

 ラインナップは、ゲーミングブランドの「Alienware」から17型ノートの「Alienware M17x」、デスクトップ「Alienware Aurora」の2機種、個人向け高性能ミニタワー「XPS 8300」、中小企業向けミニタワー「Vostro 460」の合計4機種。

 新製品は、全機種でSandy Bridgeこと新Core i7/i3のクアッドコア、USB 3.0を標準搭載。また、ビデオカード/GPUの一部が刷新された。

 デルは2010年11月付けで、コンシューマ部門と中小企業(SMB)部門を「CSMB部門」として統合。これまで複雑で重なっていた製品のラインナップをまとめ、スケールメリットでコストを抑え、販売チャネルや広告の共有による最適化を進めていくという。今回の製品は、コンシューマ/SMBからよくあがる「最新テクノロジをなるべく早く、費用を抑えて入手したい」という要望に応えた形になる。

●Alienware
Alienware M17x

 Alienware M17xは、17.3型ワイド液晶を搭載するゲーミングノートPC。

 CPUは、Core i7-2720QM(2.20GHz)/2820QM(2.30GHz)が選択肢に追加された。ディスプレイは1,920×1,080ドット(フルHD)解像度を標準搭載し、フルHDの120Hz/3D立体視に対応パネルも用意。GPUは、GeForce GTX 460M(1.5GB)、Radeon HD 6870M(1GB)/同6970M(2GB)から選択できる。

 標準構成は、Core i7-2720QM、メモリ4GB、HDD 750GB、Radeon HD 6870M、DVDスーパーマルチドライブ、17.3型フルHD液晶、Windows 7 Home Premium(64bit)を搭載し、価格は209,980円。

 上記からGPUをGeForce GTX 460M、液晶を120Hz/フルHD対応に変更したパッケージは239,980円。

 本体サイズは405.89×321.31×51.31〜53.59mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.3kg〜。

Alienware Aurora

 Alienware Auroraは、Intel P67 Expressチップセットベースのゲーム向けミドルタワーPC。価格は149,980円から。

 標準構成は、Core i5-2500K(3.30GHz)、メモリ4GB、HDD 1TB、GeForce GTX 460(1GB)ビデオカード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium(64bit)、875W電源を搭載。マザーボードのBIOSはオーバークロック用のロック解除済み。

 CPUはこのほか、Core i5-2400(3.10GHz)、Core i7-2600(3.40GHz)/2600K(3.40GHz)を用意。ビデオカードは、GeForce GTX 460のSLI構成、Radeon HD 6870(1GB)およびそのCrossFire構成を選択できる。また、本体色としてこれまでのステルスブラックに加えて、ダーククロームを展開予定としている。

 本体サイズは250×645×426mm(同)、平均重量は20.41kg。

●XPS 8300
XPS 8300

 XPS 8300は、Intel H67 Expressチップセット搭載の個人向けミニタワーPC。「XPS 8100」の後継にあたり、マルチメディア系の用途を見込む。価格は79,980円から。

 標準構成は、Core i5-2400、メモリ4GB、HDD 500GB、ATI Radeon HD 5450(1GB)ビデオカード、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium(64bit)を搭載。電源は460Wに強化された。

 CPUをCore i7-2600、ビデオカードをATI Radeon HD 5670(1GB)に変更した構成は99,980円。1月下旬には、量販店向けのモデルも発売予定。

 本体サイズは186×455×408mm(同)、重量は約10.18kg。

●Vostro 460
Vostro 460

 Vostro 460は、Intel H67 Expressチップセット搭載のSMB向けミニタワーPC。「Vostro 430」の後継になる。価格は74,980円から。

 標準構成は、Core i5-2400(3.10GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ1GB、HDD 320GB、DVD-ROMドライブ、Windows 7 Home Premiumを搭載。

 このほか、スペックを強化し、ディスプレイが付属するモデルなどが用意される。

 本体サイズは175×445×362.9mm(同)、重量は約9.66〜11.22kg。

●店頭2011年春モデル

 このほか、量販店向けの2011年春モデルとして、「Inspiron」シリーズを発売予定。価格はオープンプライス。

 ラインナップは、15型ノート「Inspiron 15R」、23型液晶一体型「Inspiron One 2310」、スリムデスクトップ「Inspiron 580s」の3機種。いずれも第1世代Core iシリーズを搭載するマイナーチェンジモデル。

Inspiron 15R Inspiron One 2310 Inspiron 580s

(2011年 1月 11日)

[Reported by 山田 幸治]