パナソニック、Android搭載「ビエラ・タブレット」を開発
〜4型/7型/10型で展開、クラウドサービス「VIERA Connect」と連携

1月6日 発表



 パナソニックは6日、クラウドサービスに対応する端末「ビエラ・タブレット」を開発したと発表した。2011年中に商品化し、映像や電子書籍の配信サービス事業を行なう。試作機は米国ラスベガスで開催中の2011 International CESに出展される。

 ビエラ・タブレットは、OSにAndroidを搭載し、タッチパネルで操作を行なうタブレット型の端末。試作機は4型、7型、10型の液晶ディスプレイを搭載し、サービスやコンテンツに合わせた視認性や操作性(GUI)を実装する。通信機能はWi-Fi。

 CESでのコンセプト展示では、同時発表したデジタルTV向けインターネットサービス「VIERA Connect」によるスポーツコンテンツ配信、ビエラ・タブレットをTVのリモコンにする「ビジュアルリモコン」、スポーツ映像のマルチアングル視聴、映像視聴中のSNS連動、視聴コンテンツと連動した商品販売を実施。TVの映像に関連したものを表示する小画面として新しい視聴スタイルを提案する。

 検討中のサービス事例として、映画、音楽、電子書籍、新聞、雑誌の配信、ゲーム、SNS、Eコマースなどを挙げている。

ビエラ・タブレットで検討中のサービス事例

 VIERA Connectは、クラウド型のデジタルTV用インターネットサービスで、春より開始。従来の「VIERA CAST」をより進化させたもので、より多くのアプリケーションに対応する。

 VIERA Connectのミドルウェア技術を他社(家電メーカーや半導体メーカー)に対してオープン化し、アプリケーションおよびサービスの拡大を目指す。春から米国で発売予定の「Smart VIERA」が対応する。3Dグラフィックを用いたGUIを実装し、操作性を高めたという。

 CESの出展では、スポーツのライブ放送サービス、映像を見ながら運動したり消費カロリーを確認したりできるヘルス&フィットネス、ゲームパッドを使った本格ゲーム、オンラインマーケット「VIERA Connect Market」を通してゲームコントローラやフィットネス機器の購入を実施。TVを使った本格ゲームやフィットネス、機器購入は世界初だという。

(2011年 1月 6日)

[Reported by 山田 幸治]