富士通アイソテック、世界初の3Dパソコンの組み立て教室を開催
〜29組58人の親子が福島のデスクトップPC工場で挑戦

富士通アイソテックで開かれた「富士通パソコン組み立て教室」

7月31日 開催



 富士通および富士通アイソテックは、7月31日、福島県伊達市保原町の富士通アイソテックで、「2010年 富士通パソコン組み立て教室」を開催した。組み立てたのは、6月18日に発売したばかりの3Dパソコン「ESPRIMO FH550/AN」。今回のパソコン組み立て教室は、世界初の3Dパソコンの組み立て教室となった。

 同社では、「次代を担う小中学生を対象に社会学習の機会を提供し、パソコンの組み立てや工場見学などを通じて、ものづくりの楽しさ、自分で作ったものを使う喜びを体験してもらうことを目的としている」と主旨を語る。

 対象は、小学校5年生〜中学校3年生。29組58人の親子が参加したうち、福島県内は19組。そのほか、兵庫、大阪、京都、静岡、埼玉、千葉、宮城、山形の各県からも参加した。29組中15組が小学生、24組が男の子の参加だった。

 初の3Dパソコンの組み立ては、約1時間半をかけて、18種類の部品と3種類35本のネジを使い、14カ所のコネクタを接続するという内容になった。

 「生産ラインにおいては、40部品、86本のネジを使い、25個のコネクタ接続を行ない組み立てている。難しい部分は事前に組んでおいたが、コネクタ接続などについては、むしろ子供のほうが器用にできるかもしれないと考え、昨年の10カ所よりも多くし、モノづくりを体感してもらえるようにした」という。

 もともとノートPC用の部材を多用している製品だけに、細かい配線が特徴となっている。数多くの配線の中には、やや難しいところもあったが、子供たちはうまく作業をしていた。

挨拶する富士通アイソテックの増田実夫社長

 富士通アイソテックの増田実夫社長は、「今年の教室で組み立ててもらうのは、3Dパソコンしかないと考えた。例年より夏モデルの発売時期が遅いタイミングだったこともあり、まさに最新のPCを組み立ててもらうことになった。参加費用は昨年よりも若干上昇したが、それでも満足していただけたと思っている。組み立てあがったPCを見て喜ぶ子供たちの姿がそれを証明している。自分で作ったPCで、ぜひ3Dを楽しんでもらいたい」とした。

 PCを組み立てたあとには、全員で電源を入れて起動。続いて、3Dの体験を行なった。

 富士通の3Dパソコンの特徴は、内蔵した3Dカメラで3Dコンテンツを作れる点。参加者のほとんどが、自分の顔を初めて3Dで撮影し、それを自分が作った3Dパソコンで再生するという体験をしたことになる。

 午後1時からスタートした組み立て教室では、増田社長か挨拶。「PCの内部を見る機会は少ないが、ひとつひとつの部品を見てもらいながら、自分で作るという思いを込めながら作ってほしい。今回の教室では、3Dパソコンを実現するために必要になる部品を組み込まなくてはならない。しっかりと組み立てないと3Dを見ることができなくなるかもしれない」と、ジョークを交えて説明しながも、「わからないことがあったらサポーターに聞いてほしい。しっかりとサポートするので安心して作ってほしい」とした。

 実際の組み立ては午後1時10分からスタート。2組に1人のサポーターが付き、子供たちの組み立てを支援した。午後1時55分には前半が終了し、10分間の休憩を挟んで、2時5分から後半をスタート。2時34分にはすべての組み立てが終了した。その後、工場のPC生産ラインを見学。その後、組み立て教室の会場に戻り、全員でPCの電源を入れ、すべてのPCが無事起動した。引き続き、自ら作ったPCで3D機能を体験し、午後4時30分にはすべてのプログラムが終了した。

●組み立て作業前半

 では、写真で組み立て教室の様子を見てみよう。

これが今回組み立てる3Dパソコン「ESPRIMO FH550/AN」 参加者の組み立てを支援したサポーター。全員が富士通アイソテックでPCを組み立てている社員 増田社長自身も参加者に声をかけて組み立てをサポート
18種類の部品と3種類35本のネジを使って組み立てを行なった 液晶一体型だけにカバーも大きい マザーボードや主要部品は区分けされている
光学ドライブや主要ケーブルも同様だ キーボードとマウス ネジもケースで区分けされていた
まずは基板トレイを取り出し、液晶ディスプレイが組み込まれたベースユニットに取り付ける ケーブルを穴に通さなくてはならないため、スポンジで作ったブロックで隙間を作る 穴にケーブルを通す
ケーブルを通し終わってからブロックを外す 基板トレイをスライドさせて位置を決める 基盤トレイをネジを使ってベースユニットに固定する
今回の組み立てではコネクタの接続が多い。ディスプレイまわりのコネクタから接続を開始する 3Dカメラが登場。突起をあわせて取り付け、カチっというまで押す
3Dカメラをネジで取り付ける 続いてマイクボードを取り出し、コネクタを接続 マイクボードを本体に固定する
その上にマイクカバーを取り付ける ここから細かいケーブルの処理を行なう。穴を通したり、太いケーブルの下に細いケーブルを這わせたり、シールで固定したり、クリップで複数のケーブルを束ねるといったことを行なう
メモリを装着する。金色の部分は触らないことという指示を守って作業 BDが利用できるドライブをブラケットに装着
ドライブを本体に装着し、ネジで固定する。ここまでで前半戦が終了。10分間の休憩 前半が終了した段階の様子。まだPCという感じはしない

●組み立て作業後半

後半戦の最初はHDDから。HDDにプラケットを装着し、ネジで固定 HDDを本体に取り付ける
ケーブルを配線 ここからまたいくつものコネクタの接続やケーブルの処理が始まる ケーブルの配線などが終わったところ
赤いHDDケーブルを接続 続いて青いCDドライブケーブルを接続した。これで配線は終了 シールドカバーを取り付ける
シールドカバーはスライドさせてフックで止まっていることを確認 背面を8本のネジで固定する バックカバーを取り付ける
バックカバーをネジで固定する B-CASカードの挿入口にカバーを取り付ける 背面のカバーを取り付ける
最後の作業は台座の取り付け。かなり重たい しっかりとネジを締める ネジを締めたら台座カバーを取り付ける
底部からネジを占めて、これで完成だ 最後にサポーターがPCを起こしてくれた 完成した3Dパソコン「ESPRIMO FH550/AN」
用意されたオリジナルシールを貼る 反対側にももう1枚 自分の名前の入ったシールを貼って、自分だけのPCが出来上がった
組み立てが完了したあとには工場の生産ラインを見学。会社概要はくつろぎながら説明を受けた 組み立て教室の会場に戻り、全員で起動。すべてのPCが動いた そして、自分で作ったPCで自分を撮影して3Dを体験。3D映像に驚きの声が出た

(2010年 8月 2日)

[Reported by 大河原 克行]