プラネックス、1台3役の300Mbps対応小型無線LANルーター

MZK-MF300N

7月上旬 発売

価格:オープンプライス



 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、300Mbps対応のIEEE 802.11b/g/n無線LANルーター「MZK-MF300N」を7月上旬に発売する。価格はオープンプライス、参考価格は5,250円。

 本体サイズ約75×54×19mm(幅×奥行き×高さ)、重量約50gとコンパクトながら、IEEE 802.11nの300Mbps(理論値)に対応する無線LANルーター。ルーターとアクセスポイントを自動で切り替える「AUTO」、アクセスポイント、コンバータの各モードをスイッチで切り替えられる。

 有線インターフェイスはEthernet。WAN回線の自動判別、回線種類はFTTH、ADSL、VDSL、CATV、PPPoEマルチセッションをサポート。無線LANは最大5つまでのSSIDを使用できるほか、本体にWPSボタンを備える。

 電源はDC 5VのACアダプタ。消費電力は最大2.3W。グリーンAP機能により、曜日や時間で無線の動作を調整できる。

 また、最大150Mbps(理論値)のIEEE 802.11b/g/nに対応する無線LANルーターエントリーモデル「MZK-WNH」と、小型のUSB無線LANアダプタ「GW-USMicroN2W」2つをセットにした「MZK-WNHPU2」を同時期に発売する。参考価格は7,350円。

 通常価格5,250円のルーターと、同2,100円のUSBアダプタ2個をセットにしたもの。数量は3,000台限定。

MZK-WNH GW-USMicroN2W

(2010年 7月 2日)

[Reported by 山田 幸治]