日本HP、10万円からの17.3型液晶ノート「dv7」夏モデル
〜AMD Nileベースのモバイルノート「dm1a」

dv7

6月18日 発売
直販価格:10万円前後



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、一般市場向けノートPC「HP Pavilion Notebook PC」の夏モデル第2弾として、17.3型液晶の大型モデル「dv7」と、11.6型液晶のモバイルノート「dm1a」を発表した。

 とくにdm1aは、春モデルのIntel CULVプラットフォームから、AMDの「Nile(ナイル)」プラットフォームに変更され、ハイビジョン動画の再生などエンターテインメント色の強い製品となっている。

●SSD+HDD構成も可能な「dv7」

 17.3型液晶ノート「dv7」はハイビジョンコンテンツを楽しめるフラグシップモデルとして位置づけられている。

。すでに発表されているdv6系と同様に、デザインの見直しやOSの64bit化、8GBメモリの設定などが行なわれている。販路はHP directplusサイトによる直販のみ。6月18日に受注開始の予定。

 最小構成時の実売価格は10万円前後の見込み。主な仕様は次のとおり。Core i5-450M(2.40GHz)、2GBメモリ、320GB HDD(7,200rpm)、ATI Mobility Radeon HD 5650(1GB)、DVDスーパーマルチドライブ、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、17.3型1,600×900ドット(ワイドHD+)液晶など。

 OSはWindows 7 Home Premium(64bit版)、アプリケーションはCorel Video Studio X3、Corel PaintShop Photo Pro X3が付属する。また、Dr.DreとJimmy lovineが携わった音楽再生ソフト「Beats Audio」が搭載され、迫力のある重低音とクリアなサウンドが再生できるとしている。

 BTOの選択肢として、Core i7-840QM(1.86GHz)、Intel製160GB SSD+500GB HDD(同)のハイブリッド構成、BDドライブ、Bluetoothなどが用意される。OSはWindows 7 Professional(64bit版)が選択できる。また、Microsoft Office Presonal 2010/Home & Business 2010も用意される。

 デザインの見直しにより、本体のトップカバーとパームレストはヘアライン加工されたアルミニウム製となり、HPのロゴも光るイルミネーションロゴとなっている。

 本体サイズは420×278×32〜39.5mm(幅×奥行き×高さ)、本体重量は約3.05kg。バッテリ駆動時間は約5時間。

●AMD Nileプラットフォームのモバイルノート「dm1a」
dm1a

 11.6型モバイルノート「dm1a」は、AMDのNileプラットフォームを採用した。GPU性能の向上により、ハイビジョンエンターテインメントをいつでもどこでも楽しめるノートと位置づけられている。

 販路は、量販店店頭と直販の両方で、直販モデルはBTOにより仕様が変更できる。店頭モデルのOffice無しモデルのみ6月17日の発売。その他のモデルは7月上旬の発売予定。

 店頭モデルの価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円。主な仕様は次のとおり。AMD Athlon II Neo K125(1.70GHz)、AMD M880Gチップセット、ATI Mobility Radeon HD 4225(チップセット内蔵)、2GBメモリ、250GB HDD(同)、IEEE 802.11b/g/n無線LANなど。

 OSはWindows 7 Home Premium(64bit)。Microsoft Office Personal 2010搭載モデルも用意される。

 直販モデルは、直販価格8万円前後の見込み。ストレージがSamsung製の128GB SSDとなり、メモリは2/3/5GBから選択できる。また、Bluetoothが内蔵される。Officeは付属しない。

 本体サイズは290×205×20.5〜32mm(同)、本体重量は約1.53kg。デザインテーマは「diamond」。バッテリ駆動時間は、約6.5時間。

(2010年 6月 17日)

[Reported by 伊達 浩二]