日本HP、ノートPC春モデル発表
〜単体GPUとSSD搭載機種が増加

1月21日から順次発売



 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ノートPC「Pavilion Notebook PC」シリーズのラインナップを更新し、春モデルを投入した。

 新しい筐体の導入はないが、Core iシリーズCPUの搭載やSSD搭載機種の増加など、機能面の強化が行なわれた。細かいところでは、Blu-ray Discドライブが、再生専用から書き込み可能なものに変更された。

●ハイエンドノート「dv7/CT」にCore i5モデル追加
dv7/CT

 直販サイト「Directplus」で販売される17型1,600×900ドットワイド液晶を搭載したハイエンドノート。受注開始は1月25日の予定。販売予定価格は105,000円から。

 春モデルでは、BTOの選択肢が増え、Core i7-820QM(1.73GHz)/Core i7-720QM(1.60GHz)に加え、Core i5-430M(2.26GHz)が選択肢に入った。ただし、CPUにかかわらずGeForce GT 230M(1GB) GPUを搭載するため、CPU内蔵のビデオ回路は使用されない。

 BTOの選択肢にDVDスーパーマルチドライブとBluetooth無しが加わり、低価格な構成が可能となった。逆にOSはWindows 7 Professional(32bit版)が選択肢に加わり、企業内での使用に対応できるようになった。

●Core i搭載で単体GPUも選べる「dv6i/CT」
dv6

 直販サイト「Directplus」で販売されるIntelプラットフォームの15.6型1,366×768ドットワイド液晶ノート。受注開始は1月21日。販売価格は69,930円から。

 春モデルでは、Core 2 Duo/CeleronからCore iへプラットフォームが変更された。CPUは、Core i7-720QM、Core i5-430M、Core i3-330M(2.13GHz)から選択できる。また、チップセット/CPU内蔵グラフィックス以外に、単体GPUのGeForce GT 230M(1GB)も選択できる。

 OSはWindows 7 Professionlも選べるようになった。また、Bluetooth無しの構成が可能となっている。

●低価格な15.6型ノート「dv6a/CT」

 dv6iと同じ筐体でAMDプラットフォームの15.6型液晶ノート。直販専用で、受注開始は1月末の予定。販売予定価格は52,500円から。

 冬モデルに比べてCPUが強化され、CPUの選択肢は、シングルコアのSempron M120(2.1GHz)と、デュアルコアのAthlon II M320(2.1GHz)になった。また、Blu-ray DiscドライブやBluetooth、500GB HDDなどがBTOの選択肢から外れ、低価格指向を強めている。

●直販モデルがSSD専用「dm3i」
dm3

 Intelプラットフォームで、金属製ボディの13.3型1,366×768ドットワイド液晶ノート。冬モデルは直販専用だったが、今回から量販店でも販売される。

 一般的な仕様の量販店モデルに対し、直販モデルはSSD専用で単体GPUが搭載されるなどマニアックな仕様となっている。

 直販モデルの受注開始は1月21日。販売予定価格は109,830円から。直販モデルの仕様は、Core 2 Duo SP9300(2.26GHz)、最大4GBメモリ、160GB SSD(Intel製)、GeForce G105M(512MB)など。再起動せずにGPUとチップセット内蔵ビデオを切り換えられるハイブリッドグラフィックスに対応している。Bluetoothは搭載されなくなった。

 また、オプションの外付けDVDスーパーマルチドライブはデザインが変わり、本体色と同系統のシルバーとなった。

 量販店モデルも1月21日の発売予定。価格はオープンプライスで店頭予想価格は90,000円前後。主な仕様は、Celeron SU2300(1.2GHz)、250GB HDD、ビデオはチップセット内蔵。DVDスーパーマルチドライブは添付されず、オプションでも用意されない。

●SSDや単体GPU搭載可能な「dm3a/CT」

 dm3iと同じ筐体で、AMDプラットフォームの13.3型ノート。春モデルでは、量販店専用から直販専門に販路が変更された。受注開始は1月21日の予定。直販価格は69,930円から。

 直販モデル化に伴って仕様の選択肢が広がり、上位のCPU/GPUや128GB SSD(Samsung製)、Bluetoothが加わった。

 CPUは、従来のAthlon New X2 L335(1.6GHz)に、Turion Neo X2 L625(1.6GHz)が加わった。L625選択時には単体GPUのATI Mobility Radeon HD 4330も搭載される。GPUとチップセット内蔵ビデオを切り換えられるAMD PowerXPressにも対応している。

●CULVノート「dm1」もSSD搭載
dm1

 CULV CPUを搭載した11.6型ワイド液晶ノート。dm3i同様に、量販店モデルと直販モデルが分かれており、直販モデルはSSD専用となっている。

 直販モデルの主な仕様は、Celeron SU2300(1.2GHz)、最大3GBのメモリ、80GB SSD(Intel製)など。受注開始は1月21日、直販価格は74,970円から。外付けDVDスーパーマルチドライブはオプションで用意される。

 店頭モデルも1月21日発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は80,000円前後。HDD容量が250GBから320GBへ強化された。外付けDVDドライブは用意されない。

(2010年 1月 21日)

[Reported by 伊達 浩二]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.