AMD、SATA 6Gbps対応の統合型チップセット「AMD 890GX」

製品ロゴ

3月2日(現地時間)発表



 米AMDは2日(現地時間)、統合型チップセット「AMD 890GX」を発表した。搭載マザーボードの実売価格は110ドル前後となる見込み。

 現行の「AMD 785G」などの後継となるチップセット。ノースブリッジに当たるAMD 890GXには、「ATI Radeon HD 4290」と呼ばれるグラフィック機能を内蔵。これはAMD 785G内蔵の同4200(500MHz)から高クロック化(700MHz)にしたもので、SP数40基、64/128bitメモリインターフェイス、DirectX 10.1対応、UVD 2.0対応といった仕様は変わっていない。

 それ以外の点もCPUとの接続がHyperTransport 3.0、PCI Express 2.0 x16×1(もしくはx8×2)、PCI Express 2.0 x1×6、DVI/HDMI/DisplayPort対応で、変更点はない。CPUソケットはSocket AM3。

 一方、サウスブリッジに当たる「SB850」は新たにSATA 6Gbps×6に対応。また、こちらはオプションとなるがUSB 3.0コントローラを帯域幅500MB/secでノースブリッジに直結できるため、Intel H55 Expressなどのようなバスのボトルネックが生じないとしている。

 このほか、USB 2.0×14、Gigabit Ether、PCI Express 2.0 x1×2、PATAなどに対応。ノースブリッジとは2GB/secのAlink Express IIIで接続される。

 なお、同日付けで「Phenom II X6」の製品名も公開されたが、仕様はまだ公開されていない。

ブロックダイヤグラム

SATA 6GbpsやUSB 3.0の性能をフルに引き出せる SATA 3Gbpsと6Gbpsでの比較

(2010年 3月 2日)

[Reported by 若杉 紀彦]