AMD、DirectX 10.1対応統合チップセット「AMD 785G」

8月4日(現地時間)発表



 米AMDは4日(現地時間)、DirectX 10.1に対応したGPUコアを内蔵したチップセット「AMD 785G」を発表した。搭載マザーボードの実売価格は70〜90ドル程度となる見込み。

 コードネーム「RV620」こと「ATI Radeon HD 4200」と呼ばれるGPUコアを内蔵。55nmプロセスルールや、40基のSP数は「AMD 780G」が内蔵する前世代の「ATI Radeon HD 3200」と同じだが、新製品はDirectX 10.1に対応。

 トランジスタ数は2億500万から“2億500万以上”へと微増。このほか、2つのストリームやアップスケールに対応するビデオ高画質化機能「UVD2」、HDMI 1.3、DisplayPortなどにも対応し、専用のビデオメモリを搭載することも可能。サウスブリッジには「SB7x0」シリーズを採用する。

ブロックダイヤグラム 既存チップセットとの違い
Intelプラットフォームとの性能比較 AMD 785Gを搭載したGIGABYTEの「GA-MA785G-UD3H」

(2009年 8月 4日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.