レノボ、Core i7-820QM搭載17型WUXGAノート「ThinkPad W701」
〜デュアルスクリーンの「ThinkPad W701ds」も

ThinkPad W701

3月31日 発売

価格:オープンプライス



 レノボ・ジャパン株式会社は、17型ワークステーションノート「ThinkPad W701」、「ThinkPad W701ds」を3月31日より発売する。価格はオープンプライス。直販は4月上旬より開始予定。

 ThinkPad W700およびW700dsの後継となるスペック向上を図った新モデル。CPUはこれまでのCore 2シリーズからCore i7-820QM(1.73GHz)に変更し、USB 3.0ポートの追加などを行なった。ディスプレイは広色域タイプの1,920×1,200ドット(WUXGA)表示対応17型ワイド液晶で、カラーキャリブレータを実装。パームレスト部分にワコムの電磁誘導式デジタイザを搭載する。

 ThinkPad W701の直販価格は420,000円。主な仕様は、Core i7-820QM(1.73GHz)、Intel QM57 Expressチップセット、メモリ4GB、HDD 320GB×2(7,200rpm、RAID 1)、GPUにQuadro FX 2800M(1GB)、DVDスーパーマルチドライブ、17型WUXGA液晶、OSにWindows 7 Professional(64bit)を搭載。

 ThinkPad W701dsの直販価格は567,000円。主な仕様は、Core i7-820QM、Intel QM57 Expressチップセット、メモリ4GB、HDD 500GB(7,200rpm)、GPUにQuadro FX 2800M(1GB)、DVDスーパーマルチドライブ、17型WUXGA液晶、768×1,280ドット表示対応10.6型開閉式液晶ディスプレイ、OSにWindows 7 Professional(64bit)を搭載。

ThinkPad W701ds

 インターフェイスはほぼ共通で、USB 3.0、USB 2.0×3、USB 2.0/eSATAコンボポート、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN(3x3)、Bluetooth 2.1+EDR、V.90モデム、ExpressCard/34スロット、DVI-D、ミニD-Sub15ピン、DisplayPort、SDカード/MMC/メモリースティック(PRO)対応スロット、音声入出力などを装備。このほか、W701はCFスロット、W701dsはスマートカードリーダを備える。

 バッテリは9セルリチウムイオン。本体サイズは410×310×40.6〜41.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量はW701が約4.07kg、W701dsが約5.2kg。

(2010年 2月 23日)

[Reported by 山田 幸治]