AMD、エントリークラスのDirectX 11対応GPU「ATI Radeon HD 5450」

ATI Radeon HD 5450

2月4日 発表



 米AMDは4日、エントリークラスでDirectX 11に対応するGPU「ATI Radeon HD 5450」を発表した。米国での実売価格は49〜59ドル。国内でも各社から5千円〜7千円前後で搭載製品が投入される。

 現行のRadeon HD 5000シリーズと同じアーキテクチャのエントリー向けGPU。SP数は80基、コアクロックは650MHz、テクスチャユニット数は8基、ROP数は4基。メモリは64bit接続、最大1,600MHzのDDR2/DDR3を1GBまで搭載できる。

 プロセスルールは40nm、トランジスタ数は2億9,200万個。ボード消費電力は19.1Wで、アイドル時は6.5W。リファレンスボードの写真によるとヒートシンクの嵩はやや高いが、ファンレスで、基板はロープロファイルサイズとなっている。Eyefinityに対応し、最大3ディスプレイ出力が可能。

GeForce 210との性能比較
コアのブロックダイヤグラム

(2010年 2月 4日)

[Reported by 若杉 紀彦]