AMD、DirectX 11対応のメインストリームGPU「Radeon HD 5670」
〜シングルスロット構成

ATI Radeon HD 5670

1月14日 発表



 米AMDは14日、メインストリームでDirectX 11に対応するGPU「ATI Radeon HD 5670」を発表した。米国での実売価格は99ドル前後。

 既存のRadeon HD 5800シリーズをベースとしたメインストリームのGPU。主な仕様は、SP数が400基、コアクロックが775MHz、テクスチャユニット数が20基、ROP数が8基、メモリはクロック4GHz、128bit接続のGDDR5を512MB/1GB搭載可能。ピーク演算性能は620GFLOPS。

 プロセスルールは40nmで、消費電力は61W、アイドル時は14W。リファレンスのファンは小型で、1スロットに収まる。ディスプレイインターフェイスは3系統を持つが、今後最大4ディスプレイまで接続できるものも登場予定。

 同社ではこの後に、LowProfileサイズで消費電力50W以下の「Radeon HD 5500」シリーズや、ファンレス駆動が可能な「Radeon HD 5400」シリーズを予定している。

コアのブロックダイヤグラム GeForce GT 240との性能比較
1,920×1,080ドットでのベンチマーク結果 1,600×900ドット×3でのベンチマーク結果

(2010年 1月 14日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.