Intel、32nmプロセス採用の新Coreプロセッサを発表

デスクトップ向け新Core i5

1月8日 発表



 米Intelは8日、初めて32nmプロセスを採用するデスクトップおよびモバイル向け新Coreプロセッサ17モデルを発表した。ラインナップには、これまでのCore i7/i5に加え、エントリークラス向けのCore i3が用意される。

 2008年末に発表された45nmプロセス採用のNehalemアーキテクチャを踏襲しつつ、32nmへと微細化。また、先頃発表された新Atom同様、新たにグラフィックス機能を搭載する。ただし、製品構成はいくつかの点で従来製品と異なる。

 CPU部分のプロセスルールは32nmとなった。基本マイクロアーキテクチャは、Nehalemだが、コア構成はこのシリーズで初めてデュアルとなる。共有L3キャッシュ容量も削られ、3〜4MBとなる。Hyper-Threadingテクノロジーは引き続き搭載し、論理コア数は4基。命令セット周りでは、AESに関するものが追加されたのみで、ほとんど共通。

 発熱に余裕があるときにTDPの枠内でコアクロックを引き上げるTurbo Boostテクノロジーも踏襲(Core i3除く)。特にシングルスレッドのみを実行させているとき、パワーゲートにより、片方のコアの消費電力はほぼゼロになるので、ターボブーストによる恩恵を受けやすい。トランジスタ数は3億8,300万。TDPはデスクトップが73〜87W、モバイルが18〜35W。

デスクトップ向けCPUの概要とラインナップ モバイル向けCPUの概要とラインナップ

デスクトップ
プロセッサー・ナンバー クロック TurboBoostクロック GPUクロック 価格(1,000個ロット時)
i5-670 3.46GHz 3.73GHz 733MHz 25,800円
i5-661 3.33GHz 3.60GHz 900MHz 17,800円
i5-660 3.33GHz 3.60GHz 733MHz 17,800円
i5-650 3.20GHz 3.46GHz 733MHz 15,990円
i3-540 3.06GHz なし 733MHz 12,080円
i3-530 2.93GHz なし 733MHz 10,260円

モバイル
プロセッサー・ナンバー クロック TurboBoostクロック GPUクロック 価格(1,000個ロット時)
i7-620M 2.66GHz 3.33GHz 500〜766MHz 30,160円
i5-540M 2.53GHz 3.06GHz 500〜766MHz 23,350円
i5-520M 2.40GHz 2.93GHz 500〜766MHz 20,440円
i5-430M 2.26GHz 2.53GHz 500〜766MHz 非公開
i3-350M 2.26GHz なし 500〜766MHz 非公開
i3-330M 2.13GHz なし 500〜766MHz 非公開
i7-640LM 2.13GHz 2.93GHz 266〜566MHz 30,160円
i7-620LM 2GHz 2.80GHz 266〜566MHz 27,250円
i7-640UM 1.20GHz 2.26GHz 166〜500MHz 27,710円
i7-620UM 1.06GHz 2.13GHz 166〜500MHz 25,250円
i5-520UM 1.06GHz 1.86GHz 166〜500MHz 21,890円

 グラフィックス機能を新搭載するが、これはCPUコアとは別のダイで、プロセスルールも45nmと異なっている。メモリおよびPCI ExpressコントローラもCPUダイではなく、グラフィックスダイに統合されており、従来のCPUとノースブリッジに相当するダイを1つのチップ上に封入した形となる。両者間の接続はQPI。

 グラフィックスクロックは、デスクトップ向けが900/733MHz、モバイル向けが500/266/166MHz。ただし、モバイル向けについては、CPUの負荷が低く、グラフィックスの負荷が高いときに、動的にグラフィックスクロックを向上させる「HD Graphics with Dynamic Frequency」機能により、下位モデルで500MHz、上位モデルで766MHzまでクロックがあがる。また、モバイル向けは、外部GPUとの切り替えに対応する。

 シェーダ数はIntel G45/GM45 Expressなどの10基から12基に増加。細かな改善も施され、Intelでは第3世代のアーキテクチャとしている。ドライバ周りも改善され、Windows 7に最適化したほか、グラフィックスAPIは、DirectX 10と新たにOpenGL 2.1に対応。このほか、BDなどのHDデュアルストリームの再生支援機能などを搭載する。トランジスタ数は1億7,700万。

CPUダイとグラフィックスダイの写真 実際のCPU表面はヒートスプレッダで覆われる Core DuoとCore i5の性能比較
モバイル向けはGPUのクロックも動的に変えられる GPUのシェーダ機能 GPUの動画機能

 対応メモリは、デスクトップがDDR3-1333、モバイルがDDR3-1066/800で、デュアルチャネルアクセス。なお、グラフィックスダイはCPUを介さず、メモリにアクセスできる。

 対応チップセットはIntel 5シリーズで、CPUに合わせて、デスクトップ用にIntel H57/H55/Q57 Express、モバイル用にIntel HM57/HM55/QM57/QS57 Expressが用意される。デスクトップ向けのCPUソケットはLynnfieldと同じ、LGA1156。そのため、従来のIntel P55 Expressと組み合わせることもできるが、その場合は、グラフィックス機能は無効になる。逆に新しいチップセットに従来のCore i7/i5を載せることもできる。CPUとの接続はDMI。ただし、グラフィックスダイから、ディスプレイインターフェイスまでの間は、FDI(Flexible Display Interface)で別途接続されている。

新しいIntel 5シリーズチップセット ラインナップと価格
デスクトップ向けチップセットの機能比較 モバイル向けチップセットの機能比較
Intel H57 Expressのブロックダイヤグラム

(2010年 1月 8日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.