アイ・オー、東芝製SSDを一般販売
〜高速化ツールなど付属

SSDN-STH

12月中旬 発売
価格:29,925〜98,175円



 株式会社アイ・オー・データ機器は、東芝製2.5インチSSD「SSDN-STH」シリーズを12月中旬より発売する。価格は容量64GBのSSDN-ST64Hが29,925円、128GBのSSDN-ST128Hが54,495円、256GBのSSDN-ST256Hが98,175円。

 同社の東芝製2.5インチSSDはこれまで、「SSDN-STB」シリーズとしてバルクに近い形で直販、および秋葉原の一部店舗のみで取り扱っていた。今回、バックアップソフト、パーティション管理ソフトなどを添付するとともに、一般流通向けに製品化した。また、メインメモリをキャッシュ化してSSDの高速化を図る独自ツール「マッハドライブ」のダウンロード権も付属する。

 インターフェイスはSATA。対応OSは、Windows XP/Vista/7。Windows 7では、Trimコマンドに対応する。同社測定による256GBモデルの512KBランダムアクセス性能は、読み込みが約195MB/sec、書き込みが約157MB/sec。

(2009年 11月 25日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.