ヴイストン、Atom内蔵の二足歩行ロボットPC「Robovie-PC」

Robovie-PC

発売中
価格:399,000円



 ヴイストン株式会社は、Atom搭載のシステムボードを内蔵した二足歩行ロボット「Robovie-PC」を発売した。価格は399,000円。受注生産品で、Web直販、東京/福岡のロボットセンターなどで注文を受け付けている。

 二足歩行ロボットにAtom Z530(1.60GHz)搭載のPCボードを組み込んだ製品。OSは非搭載だが、Windows XP/Vista/7(予定)およびLinuxを搭載可能で、ロボットの操作を設定できるソフト「RobovieMaker2」(Windows用)と、サンプルプログラムが付属する。

 インターフェイスにUSB 2.0×2、Gigabit Ethernet、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)などを備え、一般的なPCとして使える。また、頭部に130万画素のWebカメラを装備し、ロボットの視線で画像処理プログラミングが可能という。

 同社のロボット用CPUボード「VS-RC003HV」とはUSBまたはシリアルポート(RS-232C)で通信を行なう。二足歩行の脚部は、片足でピッチ軸3つ、ロール軸2つ、ヨー軸1つを備え、さまざまな運動性を確保。膝の部分には「ギア連動式並行リンク機構」により、高い自由度と安定性を両立したという。

 電源は7.2V、2,000mAhのニッケル水素バッテリ。外装はウレタンスポンジ樹脂の衝撃吸収素材を採用した。本体サイズは225×115×390mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.2kg。

(2009年 10月 6日)

[Reported by 山田 幸治]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.