デル、ハイエンドゲーミングPC「Alienware」5機種を投入
〜液晶やキーボードなどの周辺機器も

Alienware Aurora ALX

9月24日より順次発売
価格:169,800円〜



 デル株式会社はAlienwareブランドで、ハイエンドのゲーミングデスクトップ4機種とノートPC 1機種を9月24日より順次発売する。

 Alienwareは'96年に設立されたゲーミングPC製造専門の会社。2006年にデルに買収され、その傘下で製品を展開し、2009年6月には国内向けに17型ノートPC「M17x」を投入していた。

 また今回、Alienwareブランドの液晶ディスプレイ、キーボード、マウスなどの周辺機器を投入し、国内でのブランド浸透を図る。

●デスクトップ

 「Alienware Aurora」と「Alienware Aurora ALX」はmicroATXシャーシを採用したミドルタワーPC。CPUには、液体冷却の「Alienware ハイパフォーマンスリキッドクーリング」を採用する。発売は9月24日。

 いずれもCore i7とIntel X58 Expressチップセットを採用し、DDR3メモリ 6GBとWindows Vista Home Premiumの64bit版を標準で搭載する。

 スタンダードモデルの「Aurora」は、Core i7-920(2.66GHz)、750GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、ビデオカードにGeForce GTX 260を搭載する標準構成で、価格は169,800円。

 上位モデルの「同ALX」は、上面に自動開閉する羽板「Active Venting」を装備。設定温度に達すると羽板を開いて排熱を行なう。仕様面では、9GB DDR3メモリやGeForce GTX 260をSLI構成で搭載し、価格は209,800円。

 いずれもキーボードとマウスは付属しない。

Alienware Aurora Active Venting

 「Alienware Area-51」と「同ALX」は、ATXシャーシを採用したデスクトップPC。Auroraと同様の液体冷却システムを搭載し、1,100Wの電源と合わせて、一切の妥協を排除した究極のゲーミングデスクトップPCを構築できるとしている。発売は10月中旬を予定。

 Alienware Area-51の主な仕様は、Core i7-920、Intel X58 Expressチップセット、6GB DDR3メモリ、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、ビデオカードにGeForce GTX 285(1GB)、OSにWindows Vista Home Premium(64bit版)を搭載し、価格は25万円前後を予定する。本体色はコズミック・ブラックとルナー・シャドウの2色から選択できる。

 上位モデルの同ALXは、アルマイト加工を施したアルミを筐体に採用し、Aurora同様のActive Ventingを装備する。標準構成は、上記仕様から、HDDを1.5TBに、ビデオカードをGeForce GTX 295(1.8GB)のSLI構成に変更し、Alienwareブランドのキーボードとマウスをバンドル。価格は35万円前後の予定。

Alienware Area-51 Alienware Area-51 ALX 天面

●ノートPC

 ノートPCでは、「Alienware M15x」の1モデルが9月24日に発売された。M17xと共通のデザインで、アルマイト加工を施したアルミ製の筐体を採用する。標準構成時の価格は187,380円。

 CPUはIntelが23日に発表したCore i7-720QM(1.6GHz)を標準搭載し、最上位のCore i7-920XM(2GHz)も搭載可能となっている。標準構成は、4GB DDR3メモリ、Intel PM55 Expressチップセット、250GB HDD(7,200rpm)、DVDスーパーマルチドライブ、GPUにGeForce GTX 260M(1GB)、OSにWindows Vista Home Premiumを搭載する。

 液晶ディスプレイは1,600×900ドット表示対応の15型。インターフェイスは、USB 2.0×3、IEEE 1394、ミニD-Sub15ピン、DisplayPort、マルチカードリーダ、ExpressCard/54対応スロット、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/g/n(ドラフト)対応無線LAN、Bluetooth V2.1+EDRなど。

 本体サイズは378×309×48.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.08kg。

Alienware M15x コズミック・ブラック、ルナー・シャドウ、ネブラ・レッドの3色展開 底面

●周辺機器も投入

 このほか、Alienwareブランドの周辺機器として液晶ディスプレイとキーボード、マウス、ヘッドセットを発売した。

 「Alienware OptX AW2210 21.5インチ フルHD ワイド液晶モニタ」は、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応の21.5型液晶ディスプレイ。インターフェイスはDVIとHDMI。価格は29,900円。本体サイズは460.82×193.97×516.27mm(同)、重量は5.92kg。

 ほか、イルミネーション付きのゲーミングキーボード「Alienware TactX キーボード」を9,900円、最大5,000dpi対応のレーザーマウス「Alienware TactX マウス」を9,900円で、格納式マイクを採用した「Alienware TactX ヘッドセット」を7,500円でラインナップした。

Alienware OptX AW2210 21.5インチ フルHD ワイド液晶モニタ Alienware TactX キーボード
Alienware TactX マウス Alienware TactX ヘッドセット

(2009年 9月 24日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.