コレガ、省電力機能搭載のRAID対応4ドライブNASケース

CG-NSC4501GT

5月下旬 発売

価格:43,890円



 株式会社コレガは、4ドライブのネットワーク接続HDDケース「CG-NSC4501GT」を5月下旬に発売する。価格は43,890円。ネットワーク接続はGigabit Ethernet。

 4台の3.5インチSATA HDDを搭載可能なNASケース。新機能として、一定時間アクセスが無い場合にHDDを停止させる機能や、内部の温度を監視してファン回転速度を自動調節する機能を追加し、静音性を高め電力削減を実現した。さらに、USB接続した外付けHDDの共有フォルダ化、フォーマットがNTFSのHDDへの直接書き込み対応、1ボタンでNASへのバックアップなどが可能になった。

 RAIDは0/1/5/10/5+スペアに対応。RAIDコントローラはPROMISE製を採用し、HDDのホットスワップや、リビルドをサポートする。新たに、HDDを追加した場合にデータを保持したままRAIDレベルの変更が行なえるようになった。

 機能面は、マルチメディア機能としてiTunesサーバー、DLNAサーバーを搭載。さらに、企業向け機能として、Active Directoryのログオン機能、アクセス権限の設定やグループ管理、USBポートに接続したプリンタの共有機能、簡易Webサーバー、FTPサーバー、プリントサーバー、UPSモニタリングなどが行なえる。

 本体サイズは153×229×178mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.4kg。HDD固定用トレイ/ネジ、電源ケーブル、LANケーブル(1m)などが付属する。

(2009514日)

[Reported by 山田 幸治]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.