日本エイサー「Aspire S3-951-F34C」
〜8万円を切る価格のUltrabook



Aspire S3

発売中
価格:オープンプライス



 日本エイサーから登場した「Aspire S3シリーズ」は、同社初のUltrabookである。Ultrabookは、Intelが新たに提唱した薄型軽量ノートPCのフォームファクターであり、2011年の年末商戦に向けて各社から第1弾の製品が発表され、話題となっている。従来のノートPCよりも薄くて軽いことが魅力で、厚さは21mm以下と規定されている。

 Aspire S3シリーズには、搭載CPUやストレージが異なる2つのモデルが用意されているが、ここでは、下位モデルの「Aspire S3-951-F34C」を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。このモデルに関しては現在発売中で、実売価格は65,000円〜82,000円前後だ。

●最厚部17.5mmのスリムボディ

 Aspire S3のボディの材質は、アルミニウム合金とマグネシウム合金であり、天板はヘアライン加工されており、質感も高い。本体サイズは、323×218.5×13.1〜17.5mm(幅×奥行き×高さ)で、下位モデルのAspire S3-951-F34Cの重量は約1.35kgである(SSD搭載の上位モデルの重量は約1.33kg)。13.3型液晶搭載のUltrabookとしては、サイズ、重量ともに標準的だが、従来は厚さ30mm程度のノートPCでも、スリムノートなどと呼ばれていたことを考えると、やはりUltrabookの薄さは際立っている。背面もフラットで、カバンなどへの出し入れもスムーズだ。

Aspire S3の上面。天板はアルミニウム合金製で、ヘアライン加工が施されている 「DOS/V POWER REPORT」誌とAspire S3とのサイズ比較。Aspire S3の方が奥行きで9.5mm、横幅で46mmほど大きい Aspire S3の背面。背面もフラットだが、奥の左側だけ材質が異なっている

●超低電圧版Core i3とHDDを搭載し、低価格を実現

 Aspire S3-951-F34Cは、CPUとして超低電圧版のCore i3-2367M(1.40GHz)を搭載する。現行のUltrabookは、基本的に超低電圧版Core iシリーズを搭載しているが、Core i3-2367Mは、その中では下位に位置する。

 ちなみに、Aspire S3シリーズの上位モデルであるAspire S3-951-F74Uは、CPUとしてCore i7-2637M(1.70GHz)を搭載する。Core i3は、Core i5やCore i7に搭載されているTurbo Boostテクノロジーをサポートしておらず、動作クロックが負荷に応じて向上することはない。しかし、Hyper-Threadingテクノロジーは搭載しており、最大4スレッドの同時実行が可能であり、HD動画のエンコードなど、特にCPUに負荷が高い作業をさせる場合を除けば、Core i5やCore i7との体感的な性能差はそれほど大きくはない。

 メモリは4GBで増設はできないが、このあたりも現在発表されている第1世代のUltrabookでは、基本的に横並びの仕様である。ストレージとしては、320GBのHDDを搭載していることが特徴だ。

 他社のUltrabook(Aspire S3の上位モデルも含む)は、性能を重視してSSDを搭載した製品がほとんどだが、Aspire S3-951-F34Cは、容量と価格を重視してHDDを搭載している。そのため、SSD搭載モデルに比べると、アプリケーションの起動などの操作感はやや重いが、一般的なHDD搭載モバイルノートPCと比べると遜色はなく、十分に実用的なパフォーマンスだ。Ultrabookの中には、64GBや128GBのSSDを搭載している製品もあるが、画像や動画などのファイルサイズの大きなデータを多数保存するには容量が足りなくなりがちだ。容量重視の人には、HDDを搭載した本製品が向いている。

 液晶は13.3型で、解像度は1,366×768ドットである。液晶のサイズと解像度についても、Ultrabookとしては標準的な仕様である。光沢タイプの液晶で、輝度はかなり高いが、外光の映り込みがやや気になることがある。液晶上部には、130万画素Webカメラが搭載されており、ビデオチャットなどに利用できる。

 キーボードはアイソレーションタイプの全88キーを採用している。中央部のキーピッチは約19mmで、キーストロークもUltrabookの中では深いほうで、キータッチは良好だ。ただし、右側の「む」キーとEnterキーや、「ろ」キーと右シフトキーなどの間隔が非常に狭く、ほとんどくっついてしまっていることが気になった。また、「\」キーやカーソルキーもかなり小さく、右側は全体的に窮屈な印象を受ける。

 ポインティングデバイスとしては、タッチパッドを搭載する。MacBook Airなどと同じく、パッドとボタンが一体化したタイプで、見た目がすっきりしていて美しいが、個人的には、従来のようなパッドとボタンが分かれたタイプの方が使いやすいと感じた。クリック時にパッドの下側(通常ならクリックボタンがある位置)を押そうとせずに、そのままの場所でパッドをタップするようにした方が操作しやすい。このあたりは個人差や慣れの問題もありそうなので、実際に店頭で実機を触って確認することをお勧めする。

液晶は13.3型で、解像度は1,366×768ドット。光沢タイプの液晶で、輝度は高いが、外光はやや映り込みやすい 液晶上部に130万画素Webカメラを搭載している
キーボードはアイソレーションタイプの全88キーを採用。キーピッチは約19mmで、ストロークも十分ある 配列は標準的だが、「む」キーとEnterキーの間や、「ろ」キーと右シフトキーの間がくっついているなど、右側が窮屈な印象を受ける。また、カーソルキーが小さいのも気になる ポインティングデバイスとして、タッチパッドを採用。MacBook Airなどと同じく、パッドとボタンが一体化しているタイプだ

●必要最低限のインターフェイスを搭載

 インターフェイスとしては、USB 2.0×2とHDMI出力、マイク/ヘッドフォン端子、SDメモリーカードスロットを備えている。インターフェイスは必要最低限ともいえ、USB 3.0をサポートしていないのは残念だ。また、SDメモリーカードスロットにSDメモリーカードを挿入しても、カードの半分くらいが本体からはみ出してしまうことも気になった。SDメモリーカードを本体に挿したまま持ち歩くのはやめた方がいいだろう。

 サウンドにもこだわっており、背面手前側にステレオスピーカーが搭載されているほか、ドルビーホームシアターV4に対応する。他のUltrabookと同様、バッテリの着脱はできない仕様になっており、公称バッテリ駆動時間は約6時間(SSD搭載の上位モデルは約7時間)である。実際に、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとに無線LAN経由でのWebアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、5時間5分という結果になった。無線LAN常時オンで5時間持てば、及第点をつけられる。ACアダプタのサイズはこのクラスのマシンとしては標準的だが、ACプラグが3ピンのミッキータイプとなっている。

左側面には、マイク/ヘッドフォン端子が用意されている 右側面には、SDメモリーカードスロットが用意されている 後面には、USB 2.0×2とHDMI出力が用意されている
後面のインターフェイス部分のアップ SDメモリーカードスロットのフタはダミーカード方式なので、紛失する恐れがある SDメモリーカードをスロットに挿入した状態。半分くらいはみ出してしまう
背面手前左右にステレオスピーカーを搭載している 高音質化技術の「ドルビーホームシアターV4」に対応 ACアダプタのサイズはこのクラスのマシンとしては標準的だが、ACプラグが3ピンのミッキータイプとなっている

●フラッシュメモリ搭載で休止状態から高速に復帰

 Aspire S3シリーズには、「Acer Instant On」と「Acer Instant Connect」と呼ばれる独自機能が搭載されている。Acer Instant Onは、スリープや休止状態から高速に復帰する機能であり、スリープからなら最短約1.5秒、休止状態からでも最短約6秒で復帰することが可能だという。一般的なHDD搭載ノートPCでは、スリープからの復帰に2秒、休止状態からの復帰は25秒かかるとされており、特に休止状態からの復帰が速い。その秘密は、メインメモリの情報を保持する専用フラッシュメモリを搭載しているからだ。

スリープから休止状態(ディープスリープ)状態に移行するまでの時間を120分と480分から選択できる

 実際に復帰時間を計測したところ、スリープからは約1.5秒、休止状態からは約7.5秒で復帰した。また、スリープ状態で一定時間が経過すると自動的に休止状態に移行し、バッテリの消耗を抑える仕組みになっているが、その移行時間は専用ユーティリティによって、120分と480分から選択できる。休止状態での消費電力は非常に小さく、約50日間もバッテリが持つ。数十分から数時間の中断なら、ほぼ一瞬で元の状態に復帰でき、数日おいても10秒未満で元の状態に戻って続きをできるのは便利だ。

 Acer Instant Connectは、スリープや休止状態からの復帰時に、無線LANアクセスポイントに素早く再接続する機能だ。通常は、付近にあるすべてのアクセスポイントをスキャンしてから再接続を行なうが、Acer Instant Connectでは、以前接続していたアクセスポイントを記憶しておき、復帰後そのアクセスポイントが見つかった時点で即接続するため、接続までの時間が約2.5秒(通常は約10秒かかる)に短縮される。


●CULVノートやAMD A6-3400M搭載ノートを上回る性能を実現

 参考のためにベンチマークテストを行なってみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「PCMark Vantage」、「PCMark 7」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較用としてソニー「VAIO Y(YA)」、ASUSTeK Computer「K53TA」、レノボ・ジャパン「IdeaPad Y570」、NEC「LaVie S LS550/ES」の値も掲載した。

【表】ベンチマーク結果

Aspires S3-951-F34C VAIO Y(YA) K53TA IdeaPad Y570 LaVie S LS550/ES
CPU Core i3-2367M
(1.40GHz)
Core i3-380UM
(1.33GHz)
AMD A6-3400M
(1.4GHz)
Core i7-2630QM
(2.0GHz)
Core i5-2410M
(2.30GHz)
ビデオチップ Intel HD Graphics 3000 Intel HD Graphics Radeon HD 6720G2 GeForce GT 555M Intel HD Graphics 3000
PCMark05
PCMarks N/A N/A N/A N/A N/A
CPU Score 4146 3586 4612 9268 7709
Memory Score 3748 3465 3394 8964 8588
Graphics Score 3147 1572 4142 8157 4580
HDD Score 4902 5251 4627 17644 5616
PCMark Vantage 64bit
PCMark Score 3895 3219 3591 9886 5736
Memories Score 2625 2045 2789 5337 4088
TV and Movie Score 2804 2331 2684 5495 4271
Gaming Score 3086 2093 3733 10114 4409
Music Score 3980 3529 3585 10463 6394
Communications Score 3536 2829 3435 8129 6305
Productivity Score 3153 2907 2041 8125 3117
HDD Score 3234 3063 2635 9964 3669
PCMark Vantage 32bit
PCMark Score 3687 未計測 3226 9284 5317
Memories Score 2516 未計測 2630 5186 3902
TV and Movie Score 2784 未計測 2619 5442 4297
Gaming Score 2658 未計測 3099 8958 4121
Music Score 3736 未計測 3304 9545 5884
Communications Score 3421 未計測 3047 7469 6218
Productivity Score 2898 未計測 1693 7427 2901
HDD Score 3317 未計測 2627 9948 3662
PCMark 7
PCMark score 1552 未計測 1367 未計測 未計測
Lightweight score 1261 未計測 1207 未計測 未計測
Productivity score 813 未計測 832 未計測 未計測
Creativity score 3156 未計測 1692 未計測 未計測
Entertainment score 1650 未計測 1450 未計測 未計測
Computation score 6088 未計測 1532 未計測 未計測
System storage score 1377 未計測 1433 未計測 未計測
3DMark03
1024×768ドット32ビットカラー(3Dmarks) 6983 2802 13839 23571 9325
CPU Score 872 613 1010 1988 1533
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 2624 1317 3683 7706 3586
LOW 4094 1910 5501 8791 5273
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 99.97 77.7 80.27 99.97 100
HP 100 99.97 100 99.97 100
SP/LP 99.97 100 100 100 99.97
LLP 100 100 100 100 100
DP(CPU負荷) 28 29 35 8 14
HP(CPU負荷) 14 13 22 8 8
SP/LP(CPU負荷) 9 8 16 7 5
LLP(CPU負荷) 9 6 13 6 4
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 80.34MB/sec 88.75MB/sec 72.09MB/sec 90.73MB/sec 88.69MB/sec
シーケンシャルライト 78.84MB/sec 87.92MB/sec 67.78MB/sec 86.12MB/sec 89.30MB/sec
512Kランダムリード 34.09MB/sec 35.09MB/sec 27.48MB/sec 36.70MB/sec 35.77MB/sec
512Kランダムライト 28.75MB/sec 43.82MB/sec 32.52MB/sec 49.21MB/sec 55.99MB/sec
4Kランダムリード 0.448MB/sec 0.443MB/sec 0.360MB/sec 0.504MB/sec 0.456MB/sec
4Kランダムライト 1.027MB/sec 1.500MB/sec 1.048MB/sec 1.320MB/sec 0.847MB/sec
BBench
Sバッテリ(標準バッテリ) 5時間5分 5時間14分 5時間11分 5時間34分 2時間10分
Lバッテリ なし 未計測 なし なし なし

 Aspire S3-951-F34Cは、超低電圧版のCore i3を搭載しているため、さすがに通常電圧版のCore i5やCore i7を搭載したスタンダードノートPCに比べるとCPU Scoreなどは低いが、超低電圧版CPUを搭載したCULVノートや、AMD A6-3400Mを搭載したノートPCとは互角以上の性能である。インターネットの利用や文書作成といった一般的な作業には十分なパフォーマンスを持っているといえる。

●コストパフォーマンスの高さが魅力

 Aspire S3-951-F34Cは、Core i3とHDDを搭載することで、他のUltrabookよりも安い価格を実現しており、安いところでは6万円台で売られているところもある。Acer Instant OnとAcer Instant Connectにより、スリープや休止状態からでも素早く復帰し、無線LANへの再接続が可能なので、モバイル利用時の使い勝手も優れている。キー配置にはやや不満があるものの、総合的にはよくまとまっており、薄くて軽いモバイルノートが欲しいが、あまり予算はかけられないという人にお勧めしたい。

バックナンバー

(2011年 11月 24日)

[Text by 石井 英男]