ソニー「VAIO S VPCSA2ASJ」
〜1,600×900ドット液晶搭載の高性能モバイルノート



ソニー「VAIO S VPCSA2AJ」

発売中

直販価格:134,800円〜



 2011年春モデル第2弾として発表された「VAIO S」シリーズは、13.3型ワイド液晶を搭載したモバイルノートであり、プレミアムモバイルの「VAIO Z」で培った技術を取り入れ、より手頃な価格帯の製品に位置づけられる製品だ。

 今回、VAIO Sシリーズも夏モデルが登場した。店頭モデルのVAIO S(SB)シリーズは、HDD容量が増えた程度のマイナーチェンジモデルであるが、直販のVAIOオーナーメード専用モデルとしてVAIO S(SA)シリーズが新たに登場した。VAIO S(SA)では、春モデルで不満だった液晶の解像度が1,366×768ドットから、1,600×900ドットに強化されたことで、より魅力的な製品へと進化している。

 今回は、そのVAIO S(SA)を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。なお、今回試用したのは試作機であり、細部やパフォーマンスなどが製品版とは異なる可能性があるので、注意してほしい。

●店頭モデルよりも薄い厚さ23.3mmのスリムボディを実現

 VAIO S(SA)のボディは、春モデルや店頭モデルのVAIO S(SB)シリーズと基本的には同じ設計で、マグネシウム合金を上下に組み合わせ、側面からは六角形のように見える「ヘキサシェル」デザインを採用している。ただし、VAIO S(SA)では、搭載する液晶パネルが変わったことで、厚さが春モデルや店頭モデルの23.9mmから23.3mmへと0.6mm薄くなっている。また、重量も約1.54〜1.75kg(構成により異なる)と、VAIO S(SB)の約1.76kgに比べて軽量化されている。厚さの違いはわずかだが、最軽量時の重量は200g以上軽減されており、携帯性はより向上している。

 ボディカラーも夏モデルでは変更されており、VAIO S(SA)では、グロッシーブラウン、オールブラック、ライトシルバーの3色から選択できる。グロッシーブラウンは、プレミアムカラーとされており、選択すると価格が5,000円アップする。

 VAIO S(SA)はVAIOオーナーメードモデルであり、CPUやメモリ、ストレージなどの仕様をカスタマイズできる。CPUは、Core i7-2620M(2.70GHz)/Core i5-2520M(2.50GHz)/Core i5-2410M(2.30GHz)から選択できるが、試用機には現在の選択肢にはないCore i5-2540M(2.6GHz)が搭載されていた。また、メモリは4GB/6GB/8GBから選択でき、試用機には8GBのメモリが実装されていた。なお、チップセットは春モデルや店頭モデルのVAIO S(SB)では、Intel HM65 Expressだが、VAIO S(SA)は上位のIntel HM67 Expressに変更されている。

 VAIO Sは単体GPUを搭載し、パフォーマンス・スイッチによって単体GPUの有効/無効を切り替えられることが特徴である。店頭モデルでは、単体GPUとしてRadeon HD 6470Mを搭載しているが、VAIOオーナーメードモデルのVAIO S(SA)では、より描画性能が高いRadeon HD 6630Mが搭載されている。

VAIO S(SA)の上面。ボディカラーは全部で3色用意されているが、今回はライトシルバーを試用した 「DOS/V POWER REPORT」誌とVAIO S(SA)とのサイズ比較。VAIO S(SA)のほうが、奥行きで14.5mm、横幅で54mmほど大きい
VAIO S(SA)の底面。バッテリもカバーで覆われている 底面のカバーを外すと、メモリスロットやSSD、バッテリにアクセスできる メモリスロットとしてSO-DIMMスロットが1基用意されている。オンボードで4GBのメモリが実装されており、SO-DIMMスロットに4GB SO-DIMMを装着することで、最大8GBまでメモリを増設可能。試用機には8GBメモリが搭載されていた

●最大1TBのクアッドSSDを搭載可能

 ストレージの選択肢も充実しており、SSDは1TB/512GB/256GB/128GBから、HDDは750GB/640GB/500GBから選べる。128GB SSDはシングルのSSDだが、256GB以上のSSDは、4基のSSDによるRAID 0構成(クアッドSSD)になっており、非常に高いパフォーマンスを実現する。なお、HDDは500GBのみ7,200rpmで、他は5,400rpmである。光学ドライブは、DVDスーパーマルチドライブまたはBlu-ray Discドライブから選択できる。なお、今回の試用機には、256GB SSDとBlu-ray Discドライブが搭載されていた。

 OSは、Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premiumから選択でき(すべて64bit、SP1適用済み)、今回の試用機にはWindows 7 Ultimate 64bitが搭載されていた。

ストレージはHDDやSSDを選択できる。試用機には256GB SSD(64GB×4のクアッド構成)が搭載されていた 光学ドライブとして、トレイ式のBlu-ray Discドライブを搭載

●液晶解像度が1,600×900ドットに向上、カメラ画素数もアップ

 VAIO Zの場合は、オーナーメードモデルなら1,920×1,080ドットのフルHD液晶まで選択できたのに対し、春モデルのVAIO Sでは、液晶解像度が1,366×768ドットのみで、高解像度液晶を選べないことが不満であった。夏モデルでも店頭モデルのVAIO S(SB)の液晶は1,366×768ドット固定だが、VAIO S(SA)の液晶解像度は1,600×900ドットに向上しており、一度に表示できる情報量は、約1.37倍に増加した。光沢(グレア)タイプの液晶だが、表面に低反射コートが施されているため、映り込みはかなり少ない。発色も優秀で、優れた液晶だ。液晶上部に搭載されているWebカメラも、春モデルや店頭モデルのVAIO S(SB)の有効画素数約31万画素CMOSセンサーから約131万画素の裏面照射型Exmorセンサーに変更され、画質が向上している。

 キーボードはVAIO Zでもお馴染みのアイソレーションタイプで、キーピッチは約19mm、キーストロークは約2mmと余裕がある。キー配列も標準的で、キーピッチも均等なので、タイピングも快適だ。キーボードにはバックライトが搭載されている。このバックライトはキーボード左上の照度センサーと連動し、自動的に点灯する。ポインティングデバイスとしては、タッチパッドを採用。左右クリックボタンの中央には指紋センサーが搭載されており、セキュリティも十分に確保されている。

 キーボードの左上には、光学ドライブのイジェクトボタンとグラフィックス機能の切り替えを行なうパフォーマンス・スイッチが用意されている。パフォーマンス・スイッチを左側のSTAMINAにすると、CPU統合のグラフィックス機能を利用し、右側のSPEEDにすると、単体GPUのRadeon HD 6630Mが利用される。キーボードの右上には、ASSISTボタン、WEBボタン、VAIOボタン、パワーボタンが用意されており、Windowsを起動せずに、Webブラウズが可能な「Quick Web Access」機能も利用できる。

13.3型ワイド液晶を搭載。解像度が1,600×900ドットに向上したことが嬉しい。低反射コートが施されており、一般的な光沢液晶に比べて映り込みが少ない 液晶上部に有効画素数131万画素カメラを搭載。Exmorセンサーを採用 キーボードはアイソレーションタイプで、バックライトを搭載。キーピッチは約19mm、キーストロークは約2mmだ
ポインティングデバイスとして、タッチパッドを搭載。左右クリックボタンの間には、指紋センサーが搭載されている キーボード左上には、光学ドライブのイジェクトボタンとパフォーマンス・スイッチが用意されている。パフォーマンス・スイッチにより、単体GPUの有効/無効を切り替えられる キーボード右上には、ASSISTボタンとWEBボタン、VAIOボタン、電源ボタンが用意されている

●USB 3.0やHDMI出力などインターフェイスも充実

 インターフェイスも充実しており、USB 3.0×1とUSB 2.0×2、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)、HDMI出力端子、有線LAN(Gigabit Ethernet)などのほか、メモリカードスロットとして、メモリースティックデュオスロットとSDメモリーカードスロットを搭載。ワイヤレス機能として、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANとBluetooth 2.1+EDRをサポートするほか、WiMAXもサポートしている。また、正面左側にワイヤレススイッチが用意されているので、素早く確実にワイヤレス機能のON/OFFを行なえるのも便利だ。

 バッテリは薄型のリチウムポリマー電池が採用されており、公称約8〜9.5時間の駆動が可能だ。さらに底面に拡張バッテリを装着することで、駆動時間は約15.5〜19時間へと約2倍に延びる。

左側面には、ヘッドフォン出力とBlu-ray Discドライブが用意されている 右側面には、メモリースティックデュオスロット、SDメモリーカードスロット、アナログRGB出力、HDMI出力、USB 3.0、USB 2.0×2、有線LANが用意されている 正面左側には、ワイヤレススイッチが用意されており、ワイヤレス機能のON/OFFを行なえるので便利だ
VAIO S(SA)の標準バッテリ。薄型のリチウムポリマー電池を採用 標準バッテリの仕様は11.1V/4,400mAhである CDケース(左)とバッテリのサイズ比較
ACアダプタのサイズは標準的だ CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較

●拡張バッテリとドッキングステーションを同時に装着可能

 VAIO Sは、オプションが充実していることも魅力だ。今回は、オプションの拡張バッテリとドッキングステーションも試用することができたので、そちらもあわせて紹介したい。

 底面には、拡張バッテリ接続用とドッキングステーション接続用のコネクタが用意されているが、どちらも柔らかい樹脂製カバーで覆われている。拡張バッテリやドッキングステーションを接続する際にには、カバーを外す必要があるが、カバーを紛失してしまう恐れがある。

 拡張バッテリは、標準バッテリと同じ容量で、座布団のように本体の下に装着される。拡張バッテリには充電アダプタが付属しており、本体に付属するACアダプタを接続することで、拡張バッテリ単体での充電が可能だ。拡張バッテリ装着時の充放電の順序もよく考えられており、標準バッテリと拡張バッテリの両方が十分に充電されている場合は、拡張バッテリから電力が優先して供給され、標準バッテリの消費を抑制できる。拡張バッテリの電力をすべて使い切ったら、標準バッテリから電力が供給されるので、拡張バッテリを外して単体充電できる。反対に充電は、拡張バッテリを装着していても、内蔵バッテリが優先され、内蔵バッテリが80%まで急速充電されると、拡張バッテリへの急速充電が開始される。拡張バッテリが80%まで急速充電されると、内蔵バッテリの残りの20%の充電が行なわれ、最後に拡張バッテリの残りの20%が充電されるという順番だ。

 実際に、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとに無線LAN経由でのWebサイトへのアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、標準バッテリのみ搭載時は、STAMINAモード(CPU内蔵グラフィックス機能利用時)で5時間52分、SPEEDモード(Radeon HD 6630M利用時)で4時間9分という結果になった。拡張バッテリを装着すると、STAMINAモードで12時間4分、SPEEDモードで7時間38分という結果になり、2倍程度駆動時間が延びている。拡張バッテリを装着すれば、1日フルに使う場合でも、電池残量を気にする必要はなさそうだ。

 ドッキングステーションも本体底面に装着する機器だが、ドッキングステーションにはUSB 2.0×4や有線LAN×2、アナログRGB出力、HDMI出力が用意されており、VAIO S(SA)をデスクトップPC代わりに使うときに便利だ。ドッキングステーションを装着すると、本体に傾斜が付き、タイピングしやすくなる。

 拡張バッテリとドッキングステーションを同時に装着できるようなギミックが採用されていることも面白い。同時に装着する場合は、まず拡張バッテリを本体底面に装着し、その下にドッキングステーションを装着するのだが、当然、そのままではコネクタが届かない。しかし、ドッキングステーションの右側面のレバーを左に動かすことで、ドッキングステーションのコネクタ部分が上にせり上がり、拡張バッテリを装着したVAIO S本体のコネクタに届くようになるのだ。拡張バッテリとドッキングステーションを同時に装着すると、かなり見た目がごつくなるが、オフィスでは両方を装着したまま使い、外出の際には、外での利用時間に応じて本体のみ、あるいは本体+拡張バッテリを持ち出すといった使い方が考えられる。

底面には、拡張バッテリ接続用とドッキングステーション接続用のコネクタが用意されている 各コネクタは、柔らかい樹脂製カバーで覆われており、使うときにはカバーを外す必要がある
オプションの拡張バッテリ。本体の底面に装着する。拡張バッテリも、標準バッテリと同じ11.1V/4,400mAhという仕様だ 拡張バッテリを底面に装着したところ 拡張バッテリにはロック機構があり、勝手に外れないようになっている
拡張バッテリには、充電アダプタが付属する 充電アダプタの背面
拡張バッテリに充電アダプタを装着したところ 充電アダプタに本体付属のACアダプタの電源ケーブルを接続することで、拡張バッテリを単体で充電できる
オプションのドッキングステーション上面 ドッキングステーションの背面には、USB 2.0×4、有線LAN×2、HDMI出力、アナログRGB出力が用意されている ドッキングステーションにVAIO S(SA)を装着したところの上面
ドッキングステーションにVAIO S(SA)を装着したところの右側面。このように傾斜が付き、タイピングしやすくなる ドッキングステーションにVAIO S(SA)を装着したところの背面 ドッキングステーションの右側面には、レバーが用意されており、拡張バッテリ装着時には左側に動かす必要がある
レバーを左側に動かすと、接続コネクタが上にせり上がる これは通常利用時の状態 レバーを左側に動かすと、コネクタ部分が上にせり上がる
拡張バッテリとドッキングステーションを同時に装着したところの上面 拡張バッテリとドッキングステーションを同時に装着したところの左側面 拡張バッテリとドッキングステーションを同時に装着したところの右側面

●クアッドSSD搭載で非常に快適な環境を実現

 参考のためにベンチマークテストを行なってみた。利用したベンチマークプログラムは、「PCMark05」、「PCMark Vantage」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較用として、NECの「LaVie S」、富士通の「LIFEBOOK SH76/C」、ソニーの「VAIO S」(春モデルの店頭モデル)の値も掲載した。VAIO S(SA)および春モデルのVAIO Sについては、SPEEDモードとSTAMINAモードの両方で計測を行なった。

 第2世代Core iシリーズを搭載したLaVie SやLIFEBOOK SH76/C、春モデル(店頭モデル)のVAIO Sなどと比べても、VAIO S(SA)の結果は優秀だ。特にクアッドSSDの威力は大きく、ディスク系ベンチマークテストでは、HDD搭載モデルの5倍程度のスコアを叩き出している。Windowsエクスペリエンスインデックスでも、プライマリハードディスクは最高の7.9となっており、ディスク性能は非常に高いといえる。


VAIO S(SA) (SPEEDモード) VAIO S(SA) (STAMINAモード) LaVie S LS550/ES LIFEBOOK SH76/C VAIO S春 (SPEEDモード) VAIO S春 (STAMINAモード)
CPU Core i5-2540M (2.60GHz) Core i5-2540M (2.60GHz) Core i5-2410M (2.30GHz) Core i5-2520M (2.50GHz) Core i5-2410M (2.30GHz) Core i5-2410M (2.30GHz)
ビデオチップ Radeon HD 6630M CPU内蔵コア CPU内蔵コア CPU内蔵コア Radeon HD 6470M CPU内蔵コア
PCMark05
PCMarks N/A N/A N/A 7584 N/A N/A
CPU Score 9594 9608 7709 9211 8160 8163
Memory Score 10256 10255 8588 9846 7920 8060
Graphics Score 7608 5122 4580 5288 6022 4067
HDD Score 34742 33909 5616 5676 5372 5324
PCMark Vantage 64bit
PCMark Score 10239 10019 5736 7188 5769 5343
Memories Score 6173 5483 4088 4263 3974 3424
TV and Movie Score 4767 4937 4271 4594 3839 3813
Gaming Score 10370 8027 4409 4864 4648 3884
Music Score 12876 12996 6394 6784 5839 5726
Communications Score 12045 12289 6305 9615 5438 5388
Productivity Score 8201 8134 3117 5241 4635 4556
HDD Score 17903 17649 3669 3593 3243 3239
PCMark Vantage 32bit
PCMark Score 9921 9341 5317 6864 5438 4905
Memories Score 5943 5227 3902 4081 3759 3455
TV and Movie Score 4746 4900 4297 4509 3764 3593
Gaming Score 8602 7382 4121 4078 4068 3385
Music Score 12005 12193 5884 6308 5670 5177
Communications Score 11255 11212 6218 8840 5085 4773
Productivity Score 7797 7609 2901 4807 4209 4144
HDD Score 17788 17780 3662 3658 3242 3262
3DMark03
1,024×768ドット32bitカラー(3Dmarks) 20441 11117 9325 11005 12115 7450
CPU Score 2573 1725 1533 1402 2126 1355
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 7715 4009 3586 3850 6878 3428
LOW 10519 5766 5273 5568 9893 5112
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 99.97 99.97 100 100 99.97 99.97
HP 99.97 100 100 100 99.97 99.97
SP/LP 100 99.97 99.97 99.97 99.97 100
LLP 99.97 99.97 100 99.97 99.97 99.97
DP(CPU負荷) 12 12 14 13 17 20
HP(CPU負荷) 5 6 8 6 7 9
SP/LP(CPU負荷) 3 4 5 4 4 6
LLP(CPU負荷) 3 3 4 3 3 5
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 673.2MB/s 665.5MB/s 88.69MB/s 71.50MB/s 81.37MB/s 78.12MB/s
シーケンシャルライト 652.6MB/s 644.2MB/s 89.30MB/s 72.73MB/s 80.86MB/s 77.74MB/s
512Kランダムリード 431.1MB/s 418.7MB/s 35.77MB/s 36.46MB/s 31.90MB/s 31.53MB/s
512Kランダムライト 636.1MB/s 644.6MB/s 55.99MB/s 63.73MB/s 33.41MB/s 32.22MB/s
4Kランダムリード 13.95MB/s 13.89MB/s 0.456MB/s 0.558MB/s 0.415MB/s 0.409MB/s
4Kランダムライト 31.67MB/s 31.64MB/s 0.847MB/s 1.149MB/s 1.143MB/s 1.103MB/s
BBench
Sバッテリ(標準バッテリ) 4時間9分 5時間52分 2時間10分 5時間57分 3時間37分 5時間36分
Lバッテリ 7時間38分 12時間4分 なし 未計測 未計測 未計測
Xバッテリ なし なし なし なし なし なし

SPEEDモードでのWindowsエクスペリエンスインデックスの値。一番低いグラフィックスでも、スコアは6.7と優秀だ STAMINAモードでのWindowsエクスペリエンスインデックスの値。グラフィックスのスコアが1下がっている

 グラフィックス性能に関しても、CPU内蔵グラフィックス機能を利用する製品はもちろんのこと、Radeon HD 6470Mを搭載する春モデルのVAIO Sと比べても、かなり高いスコアとなっている。そこで、SPEEDモードで、「ストリートファイターIVベンチマーク」と「バイオハザード5ベンチマークテスト」を実行したところ(解像度は1,280×720ドットモード)、前者が92.47fps、後者が44.1fpsという結果になった。ちなみに、春モデル(店頭モデル)のVAIO Sで同じテストを行なったところ、前者は62.74fps、後者が30.1fpsという結果であり、かなり描画性能が向上しているといえる。ストリートファイターIVのような、比較的軽めのゲームはもちろん、バイオハザード5クラスのやや重いゲームでも、解像度を落とせば十分遊べるパフォーマンスだ。

●解像度が向上し、弱点がなくなったハイパフォーマンスモバイル

 夏モデルで新たに追加されたVAIO S(SA)は、気軽に持ち歩けるサイズと重量を実現したモバイルノートでありながら、単体GPUやクアッドSSDの搭載により、一般的なA4ノートを上回るパフォーマンスを実現していることが最大のウリだ。拡張バッテリやドッキングステーションなどが用意されており、用途やシーンに応じて拡張できることも魅力だ。春モデルのVAIO Sもバランスがとれたマシンであったが、やはりVAIO Zと比較すると、解像度が低いことが気になっていた。しかし、VAIO S(SA)は、その唯一ともいえる弱点が解消されたことにより、メインマシンとしても快適に使える高性能モバイルノートとして、幅広い層にお勧めできる。

バックナンバー

(2011年 6月 17日)

[Text by 石井 英男]