やじうまPC Watch

CPU-Zにベンチマーク/負荷テスト機能が実装される

〜起動時の軽量化機能も搭載

 Franck Delattre氏は12日、CPUの情報などを表示できるフリーソフト「CPU-Z」の最新版「1.73」を公開した。

 1.73ではWindows 10をサポートし、SkylakeやBroadwellに正式対応。これに伴いキャッシュのタブにL4キャッシュの容量表示を行なうようになった。

 また、新たに「Bench」のタブを追加し、独自のCPUベンチマークを実行可能。シングルスレッドとマルチスレッドの両方の性能が計測でき、いくつかほかのCPUと性能比較を行なうことができる。継続的に負荷を与えることでシステムの安定性をテストする負荷テストもこのタブから行なえる。

 さらに、最小限のCPU負荷で起動する「eXtreme Overclock Mode」を追加。CPU-Zが収められているフォルダにあるcpuz.iniのファイルの「XOC=」値を0から1に変更すれば有効となり、最小限のCPU負荷により、極度にオーバークロックされた環境での起動の可能性を高めた。

(劉 尭)