イベントレポート

【速報】Microsoft、Windows PhoneスマホLumia 640とLumia 640 XL

〜Office 365サブスクリプション1年分をバンドル

 Microsoftは、3月2日からスペイン・バルセロナ市で開催中のMWC(Mobile World Congress) 2015において会社会見を開催し、同社の最新の端末、および今年リリースが予定されているWindows 10などに関する新しい発表を行なった。

 その中で、Windows Phone 8.1端末の最新版となる5型ディスプレイを採用した「Lumia 640」と5.7型ディスプレイを採用した「Lumia 640 XL」を発表し、前者の3G版を139ユーロ(日本円で約18,600円)、LTE版を159ユーロ(約21,300円)、後者の3G版を189ユーロ(約25,300円)、LTE版を219ユーロ(約29,300円)という価格で販売すると発表した。

 いずれの製品にもOffice 365のサブスクリプション1年分がバンドルされており、ユーザーはWindows Phone向けのOfficeだけでなく、自分が所有するPCにおいてもOfficeアプリケーションと、Office 365サービス(OneDrive 1TB利用権など)を1年間利用できる。

お買い得な価格設定になっているLumia 640とLumia 640 XL

 Microsoft デバイス事業本部 担当 上級副社長のステファン・エロップ氏は、MicrosoftがMWCの開幕日の朝に行なった記者会見に登壇し、同社が自社ブランドで販売しているWindows Phoneの最新製品となるLumia 640とLumia 640 XLという2製品を発表した。

 Lumia 640は5型のHDディスプレイを搭載した、Windows Phone 8.1 Update搭載スマートフォンで、Snapdragonプロセッサ、800万画素の背面カメラなどを備えており、デュアルSIM構成が可能で、3G+LTEという組み合わせだけでなく、LTE+LTEという組み合わせが可能になるという特徴を備えている。3G版の価格が139ユーロ、LTE版が159ユーロという低価格で販売される予定。

 Lumia 640 XLは640のディスプレイを5.7型に大型化したモデルで、それに併せてバッテリなども大きくなっている。価格は3G版が189ユーロ、LTE版が219ユーロだ。

 いずれの製品もOffice 365のサブスクリプションが1年分付属し、LumiaだけでなくPCでもOfficeアプリケーションと、Office 365サービス(OneDrive 1TBの利用権など)が1年間無償で利用することができる。このOffice 365のサブスクリプションが、PersonalなのかHomeなのかは不明だが、一般的にPersonalであることが多い。米国では69.99ドルで販売されている権利がついてくることになるので、それを値引き分だと考えると、端末自体はかなり低価格だと考えることができる。

 今回発表されたLumia 640/640 XLはもちろんのこと、Windows Phone 8.1が導入されて販売しているすべてのLumia端末は、Windows 10リリース後にWindows 10へのアップグレードができるようになることも明らかにした。

Microsoft デバイス事業本部担当上級副社長 ステファン・エロップ氏。手に持つのはLumia 640 XL
Lumia 640はデュアルSIMになっており、3G+LTEだけでなく、LTE+LTEという組み合わせも可能
背面カメラは800万画素
Lumia 640の価格は3G版が139ユーロ、LTE版が159ユーロ
Lumia 640 XLの価格は3G版が189ユーロ、LTE版が219ユーロ
どちらの製品にもOffice 365サブスクリプションが1年分バンドルされている
手前側の青いモデルがLumia 640、奥側の白がLumia 640 XL

(笠原 一輝)