イベントレポート

Microsoft、9型未満のデバイスにWindows無償化を発表

〜Windows for IoTも発表

今後Windows for IoTを投入
会期:4月2日〜4日(現地時間)

会場:米国カリフォルニア州サンフランシスコMoscone Center

 米Microsoftは2日(現地時間)、米国で開催中の開発者向けイベント「Build 2014」の基調講演にて、OEMとODM向けに、9型未満のディスプレイを搭載したWindowsスマートフォンとタブレットに対して、OSを無償化すると発表した。

 同時に、Office 365の1年間サブスクリプションも提供する。

 これは、IoT(Internet of Things)向けに「Windows for IoT」を今後無償で提供するということと同時に発表されたもの。無償となる時期の詳細などはまだ分かっていないが、同社のWindows事業にとって大きな方針転換となる。

 基調講演の詳細などは、随時お伝えする。

9型未満のタブレット/スマートフォン用にWindowsを無償でOEM/ODMへ提供

(若杉 紀彦)