【MWC 2012レポート】【Sony Mobile編】
Xperia PとXperia Uを発表
〜 平井一夫次期Sony社長兼CEOも登壇

2月26日(現地時間)開催



 Mobile World Congress 2012の開幕を翌日に控える2月26日(現地時間)、Sony Mobile Communicationsは、バルセロナ市内でプレスカンファレンスを開催。同社の次世代スマートフォン「Xperia NXTシリーズ」の新モデルとして、「Xperia P」と「Xperia U」の2製品を発表した。これらは1月にラスベガスで開催されたInternational CESで発表された「Xperia S」に続く製品となり、NXTシリーズは、S/P/Uのラインナップが整う。PとUはグローバルモデルとして2012年第2四半期に出荷を予定する。出荷時に搭載されるOSはAndroid 2.3(Gingerbread)だが、同四半期中にAndroid 4.0(Ice Creame Sandwitch)へのアップグレードを予定している。

 発表済みの「Xperia S」は、Mobile World Congressの開催期間となる今週中にバルセロナ市内のSonyストアで発売されるとともに、順次世界各国での出荷がはじまる見通しだ。今回発表されたPとUはいずれもグローバルモデルとしてのアナウンスであり、日本市場における具体的な製品展開については明らかにされていない。

 Sony Mobile Communicationsは、Ericssonが保有していたSony Ericssonの50%株式をSonyが取得。2月15日(中央ヨーロッパ時間)付けで、Sonyの完全子会社となった。今回のプレスカンファレンスは、Sony Mobile Communicationsとして行なう初めての製品発表会でもある。

4月1日付けでSonyの社長兼CEOへの就任が決定している平井一夫次期社長が登壇

 プレスカンファレンスにはSony Mobile Communicationsの社長兼CEOであるBert Nordberg氏が登壇。さらに4月1日付けでSonyの社長兼CEOへの就任が決まっている平井一夫次期社長も登壇して、ハードウェア、ソフトウェア、そしてコンテンツを総合的に提供できる企業として『One Sony』を強調した。


平井次期社長兼CEOは、ハードウェア、ソフトウェア、そしてコンテンツを総合的に提供できる『One Sony』を強調した Sonyの完全子会社として2月15日(中央ヨーロッパ時間)よりSony Mobile Communicationsとなった。同社社長兼CEOのBert Nordberg氏 International CESで発表され、米国ではAT&TからLTE対応端末として発売される「Xreria ion」もヨーロッパでは初めての紹介となる
Xperia NXTシリーズの最上位にあたるXperia Sは、Mobile World Congressの開催期間である今週中にバルセロナ市内のSonyストアで販売を開始。順次世界市場に向けて出荷が行なわれる Xperia P、Xperia Uを紹介するBert Nordberg Sony Mobile Communications社長兼CEO Xperia Sを含めた各製品の紹介は、同社のマーケティング責任者であるSteve Walker氏によって行なわれた
Xperia S、Xperia Pに搭載されるNFC(近距離無線通信規格)を紹介 アルミニウム一体形成のボディとなるXperia P ギャラリーで表示する写真のイメージにあわせて色の変わる「Floating Prism」を紹介

●アルミニウム一体形成のボディとSmartDock機能が特徴のXperia P

 Xperia PはNXTシリーズの中ではミッドレンジにあたる製品。モバイルブラビアエンジン搭載の4型パネル(960×540ドット)は、新たにWhite Magicディスプレイ技術を採用する。これは、海岸やゲレンデなどの周囲が明るく、一般的には見にくい環境下でもスクリーンが明るく見える技術とのこと。搭載するプロセッサは1GHzのSTE U8500デュアルコア。サイズは59.5×122×10.5mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は120g。カメラは約800万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」。内蔵メモリは16GB。モデム機能はUMTS/HSPAが850/900/1,900/2,100MHz、GSM/GPRS/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。バッテリ容量は最大で約1,305mAh。

 ボディはアルミニウム一体形成で、NXTシリーズの共通デザインとなる下部の透明部分はXperia Sから継承されている。本体にはNFCも搭載され、1月のInternatinal CESで発表されたXperia SmartTagsをはじめ、今後のNFC対応デバイス、対応アプリケーションとの連携を図れるとしている。なおアルミニウムボディということで、NFCの近距離無線のアンテナ配置が気になるところだが、背面カメラ周囲へ配置することによって、金属による遮蔽を避ける構造になっているとのこと。

 Xperia Pには専用のSmartDockが用意され、HDMIとUSBを使った出力と周辺機器の接続が可能になる。ドックとの接続構造のため本体側面にあるMicro USB、Micro HDMIの各端子にはカバー等は付いていない。カラーバリエーションは、シルバー、ブラック、レッドの3色から選択できる。

「Xperia P」。アルミニウム一体形成ボディのカラーバリエーションは、シルバー、ブラック、レッドの3色 Xperia Pの背面。Sony Ericssonの文字表記はなくなり、正面にSONYの文字、背面にXperiaの文字がある。一方ロゴは従来デザインが継承される 光源の影響でマゼンタかぶりがあるが、アルミニウムのシルバーボディの質感イメージ
Xperia Pの右側面。スクリーンはフラットだが、背面は緩やかな弧をえがいている Xperia Pの右側面にあるSIMスロット Xperia Pの左側面。スピーカー、電源、ボリューム、シャッターボタンが配置
SmartDockとの接続部分。MicroUSBとMicro HDMIのインターフェイスを直接接続するため、端子部分のカバーはない。SmartDOck側には標準USB入力が2つ、Micro HDMI出力の端子が1つ備えられている。給電は別途5VのMicroUSB端子を利用する アダプタを挟んでいるためか、ややタイトなポート配置になっているSmartDock こういったスタイルでSmartDockに収める

●本体着せ替え機能に加えて「Floating Prism」が多色になったXperia U

 Xperia Uは3.5型パネル(854×480ドット)のコンパクトモデル。前述のPとは異なり、プラスチックのボディを採用する。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色だが、ブラックモデルにはブラックとピンク、ホワイトモデルにはホワイトとイエローの下部キャップがそれぞれ付属して、本体自体の着せ替えが行なえる仕様となる。

 またXperia Uには、Xperia S/P、そして日本市場向け製品であるXperia NXやacro HDと同様に下部に透明な構造部分「Floating Prism」がある。これらはいずれも白色LEDで点灯していたが、Xperia Uでは白色だけでなく、オレンジ、マゼンタ、ブルー、グリーンなど多色にわたって点灯が可能。例えば音楽再生中はアルバムジャケットに合わせた色を点灯させたりできるほか、ギャラリーに表示した写真などに合わせた色で点灯する。また壁紙などにあわせて任意の色にもできる。

 搭載されるプロセッサは、Xperia Pと同様に1GHzのSTE U8500デュアルコア。本体サイズは54×112×12mm(同)で、重量は110g。内蔵メモリは8GB。モデム機能はUMTS/HSPAが850/900/1,900/2,100Hz、GSM/GPRS/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。バッテリ容量は最大で約1,320mAh。約500万画素のカメラ機能を搭載するが、こちらは裏面照射型ではない。

「Xperia U」。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。同色のほか、それぞれピンク、イエローの下部キャップが付属してハードウェアの着せ替えが可能 Xpera Uの側面。上から電源スイッチ、ボリューム、シャッターボタンが配置される
壁紙のカラーイメージにあわせてマゼンタに点灯するXperia Uの「Floating Prism」 こちらはオレンジに近い色で点灯。やはり壁紙のイメージにあわせてある
Xperia Uの左側面。電源ボタン、ボリュームスイッチ、シャッターボタンが配置 Xperia Uのボディはプラスチック。カジュアルな利用が想定されている 下部のカバー取り外しの様子。ブラックとピンク、ホワイトとイエローがペア
Intrenational CESで発表されたBluetooth接続のSmart Wireless Headset Pro 任意のアプリケーションをヘッドセット側からワンボタン起動できるShiftkeyを搭載。FMラジオのほか、ヘッドセット本体内にも数GBのメモリを持ち、単独の音楽プレーヤーとしても使えるという Internatiol CESでもモックアップが展示されていた新LiveViewこと「SmartWatch」
マルチタッチによるピンチイン/アウト操作にも対応。リモートで三脚などに固定した端末のシャッターがきれる。画面を操作することでスマートフォン側のバッテリ残量、ツイートの内容、SMSなども確認できる

(2012年 2月 27日)

[Reported by 矢作 晃]