ニュース

ドワンゴ、Googleの囲碁AIに対抗するプロジェクトを発足

〜最強のコンピュータ囲碁ソフトを目指す

 株式会社ドワンゴは3月1日、公益財団法人日本棋院の協力のもと、世界最強の囲碁AIを目指す「DeepZenGo(ディープゼンゴ)プロジェクト」の発足を発表した。

 囲碁ソフト「ZEN」の開発者である尾島陽児氏および加藤英樹氏を中心とし、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授の松尾豊豊氏、および将棋ソフト「PONANZA」を開発した山本一成氏が主要開発メンバーを務める。ドワンゴは、ハードウェアや開発スペースを全面的に提供するほか、人工知能研究所が開発を支援する。

 今回のプロジェクトは、Googleが開発した「AlphaGo」の囲碁AI開発に対抗して開発され、約半年〜1年後に新たな囲碁ソフトの完成を目指す。日本棋院は、AI能力向上と同時に囲碁の持つ効用を高め、成長させる場として展開されたこのプロジェクトに賛同する。

(劉 尭)