ニュース

東芝、1TBの大容量M.2 SSDを製品出荷

〜15nmプロセスのTLC NANDフラッシュを採用

M.2モデル

 株式会社東芝は17日、15nmプロセスで製造された1セル当たり3bitのTLC NANDフラッシュを搭載したクライアント向けSSD「SG5」シリーズの製品サンプル出荷を開始したと発表した。

 2.5インチおよびM.2タイプをラインナップし、接続インターフェイスはSATAを採用。M.2では基板両面にメモリモジュールを実装し、容量1TBを実現したM.2 2280の製品も用意する。また、全製品とも東芝の独自誤り訂正技術「QSBC」を採用しており、SSDの内部エラーに適切に対処する精度の高さをウリとしている。

 容量は2.5インチおよびM.2ともに128GB/256GB/512GB/1TBを用意し、SATA 6Gbpsに対応。シーケンシャルリードは545MB/sec、同ライトは388MB/secとなる。自己暗号化機能のSED(Self Encrypting Drives)には対応していない。

2.5インチAモデル

【お詫びと訂正】初出時に、製品写真が誤っておりました。お詫びして訂正させていただきます。

(中村 真司)