ニュース

アイ・オー、画面比率5:4の17型スクエア液晶

〜ブルーライト低減やフリッカーレス機能を搭載

「LCD-AD173SE」

 株式会社アイ・オー・データ機器は、スクエア型の17型液晶ディスプレイ「LCD-AD173SE」を2月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は15,500円の見込み。本体色はブラックとホワイトの2色を用意する。

 画面表示部が縦横270×338mmで、画面比率5:4のSXGA(1,280×1,024ドット)TN液晶となり、非光沢パネルを採用。ブルーライト低減機能や、LEDバックライトのチラツキを抑えるフリッカーレス機能を搭載しており、目への負担を軽減する実装も特徴とする。

 主な仕様は、表示色数が約1,677万色、画素ピッチ0.264mm、応答速度は5ms、輝度250cd/平方m、コントラスト比1,000:1、視野角は上下160度/左右170度。

 インターフェイスは、DVI-D、ミニD-Sub15ピン、ステレオミニジャック、1W+1Wスピーカー。スタンドは上20度のチルトのみに対応。本体サイズは370×178×380mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.8kg。

 付属品として、ミニD-Sub15ピンケーブル(1.5m)とオーディオケーブル(1.5m)などを同梱。保証期間は5年間となる。

 本製品はこのほかにも、ICT活用教育支援ソフトウェア「SKYMENU Pro」に対応した文教モデルの「LCD-AD173SEW/S」と、保護ガラスフィルタ付きの「LCD-AD173SEW-P」も展開。前者は受注生産品となり、税別店頭予想価格は16,500円。後者は発売が2月下旬となり、価格は同32,800円の見込み。この2モデルに関しては、本体色がホワイトに限定される。

ブラック
ホワイト

(中村 真司)