ニュース

レノボ、画面が360度回転する「ThinkPad X1 Yoga」

〜2,560×1,440ドットIPS液晶搭載でペンも収納

ThinkPad X1 Yoga

 レノボ・ジャパン株式会社は、画面が360度回転する2in1「ThinkPad X1 Yoga」を発売した。

 Yogaスタイルのビジネス向けプレミアムノートPC。薄さ16.8mmの筐体と1.36kgの軽さを併せ持つ。また後日、重量1.27kgとなる有機ELモデルも投入する。画面を回転させタブレットモードにすると、キーボードがフレーム面とフラットになり、キーをロックする「Lift'n' Lock」機構を備える。

 液晶は共通で2,560×1,440ドット(WQHD)表示/マルチタッチ対応の14型IPS液晶ディスプレイを搭載。ペンも本体内に収納しており、画面に手書き入力できる。SSDはSATAタイプに加えNVMeタイプにも対応する。

 一例としてファースト・セレクトの「20FR0035JP」は、CPUにCore i5-6200U(2.3GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、192GB SSD、WQHD表示対応14型ワイド液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Proを搭載し、税別直販価格は243,000円。

 「20FQ0017JP」は、上記からCPUをCore i7-6500U(2.5GHz、同)、メモリを8GB、SSDを256GBのNVMeタイプに変更し、税別直販価格は28万円。

 インターフェイスはほぼ共通で、microSDカードスロット、USB 3.0×3、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、Mini DisplayPort、HDMI出力、720p対応Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリは4セルリチウムイオンで、駆動時間は約9.2(Core i7モデル)〜9.8時間(Core i5モデル)。本体サイズは約333×229×15.3〜16.8mm(幅×奥行き×高さ)。

 OSにWindows 7 Professionalを搭載したモデルも用意されるが、液晶は1,920×1,080ドット表示対応のIPSとなり、バッテリ駆動時間は約8.2時間となる。

(劉 尭)