ニュース

レノボ、10%軽量化し1.18kgになった14型モバイル
「ThinkPad X1 Carbon」

ThinkPad X1 Carbon

 レノボ・ジャパン株式会社は、プレミアムセグメント向けの薄型軽量14型モバイルノート「ThinkPad X1 Carbon」を発売した。

 いわゆる“正統派クラムシェル”で、従来モデルから10%の軽量化を図り、重量1.18kgを実現。最高2,560×1,440ドット表示可能な液晶が選択可能なほか、最大16GBのメモリおよび512GBのNVMe対応SSDが搭載可能となっている。

 各種カスタマイズが可能だが、一例としてファースト・セレクトの「20FB003JJP」は、Core i5-6200U(2.3Ghz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、192GB SSD、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応14型ワイド液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Proを搭載し、税別直販価格は227,000円。

 カスタム・セレクトの「20FB003GJP」は、上記からCPUをCore i7-6600U(2.6GHz、ビデオ機能内蔵)、液晶を2,560×1,440ドット表示対応14型ワイド液晶ディスプレイに変更し、税別直販価格は265,000円。

 インターフェイスは共通で、microSDカードリーダ、USB 3.0×3(うち1基はPowered USB)、Mini DisplayPort、HDMI出力、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、Gigabit Ethernet、720p対応Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリは4セルリチウムイオンで、駆動時間はCore i5モデルが約9.8時間、Core i7モデルが約9.1時間。本体サイズは約333×229×14.95〜16.45mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.18kg。

 Windows 10 Proのダウングレード権を利用し、Windows 7 Professionalをプリインストールしたモデルも用意されるが、バッテリ駆動時間は約7.5時間(Core i7)〜8.2時間(Core i5)に短縮する。

(劉 尭)