ニュース

NEC、LAVIEシリーズに超軽量タイプの11.6型着脱式2in1を投入

〜これまでのHybrid ZEROシリーズとは異なる新顔が登場

11.6型で着脱式の「LAVIE Hybrid ZERO」

 NECパーソナルコンピュータ株式会社は5日、モバイル向けのLAVIE Hybrid ZEROシリーズから、これまでとはまったく異なる11.6型の着脱式2in1をCES 2016に参考出展すると発表した。

 タブレット(ディスプレイ部分)の重量は500g以下で、バッテリ内蔵のキーボードも含めて総重量は1kg以下を達成する見込みという。筐体にはアルミニウムの約50%の比重のマグネシウムリチウム合金を採用しており、軽量化だけでなく堅牢性も確保した。同社は2015年夏モデルのHybrid ZEROシリーズで13.3型2in1で世界最軽量とする約926gと約779gのモデルを投入しており、この着脱式のモデルも軽量重視の2in1となりそうだ。

 現時点で公開されている情報として、CPUが第6世代Core mを搭載すること、WebカメラにIntelのRealSence対応フルHD 3Dカメラを実装することなどが分かっており、LAVIEの2016年春モデルとして投入される。

 製品の詳細や発売日については後日発表予定とのこと。

ブラックモデル
シルバーモデル

(中村 真司)