ニュース

MSI、Skylake CPUの基板破損を防ぐ独自リテンション「CPU GUARD 1151」

〜殻割り後の装着もOK

 台湾MSIは16日(現地時間)、大型CPUクーラー装着時のSkylake CPUの破損を防ぐ独自リテンション「CPU GUARD 1151」を開発したと発表した。

 先日お伝えした通り、一部メーカーの大型CPUクーラーをSkalake系CPUに装着したまま衝撃や振動などを加えると、CPUの基板が曲がるといった問題が発生している。

 一部メーカーではCPUクーラーのリテンション改良を施すことで対応しているが、MSIはこのたび、垂直な圧力に耐えられるよう、コーナーを強化したCPUリテンションメカニズム「CPU GUARD 1151」を開発した。

 詳細は不明だが、写真を見る限り、LGA1151の標準リテンションに替わり、金属製のプレートをネジに引っ掛けて固定するものと見られる。また、このCPU GUARD 1151を利用することで、“殻割後”のSkylake CPUをそのまま利用でき、オーバークロック用途にも向くという。

CPU GUARD 1151

(劉 尭)