ニュース

HGST、垂直磁気記録方式で世界初の記録容量10TBを実現したHDD

〜ヘリウムガス封入の第3世代

「Ultrastar He10」

 米HGSTとWestern Digitalは12月2日(現地時間)、エンタープライズ向け3.5インチHDD「Ultrastar He10」の出荷開始を発表した。

 Ultrastar He10は、エンタープライズ向けの大容量HDDで、ヘリウムを充填した「HelioSeal」プラットフォームの第3世代製品となる。

 同社はすでに、シングル磁気記録(SMR)方式を採用したエンタープライズ向け10TB HDD「Ultrastar Archive Ha10」を提供しているが、本製品では、方式上ランダムライトにボトルネックを抱えるSMRではなく、従来の垂直磁気記録方式(PMR)を採用し、同方式のHDDでは世界初となる記憶容量10TBを達成した。

 現行のヘリウム充填HDD比で25%の容量増加と、従来の非密閉型の垂直磁気記録HDDと比べて、56%の消費電力低減を実現しており、環境に配慮したデータセンター構築を可能にするとしている。

 10TBモデルに加え、8TBモデルも用意される。インターフェイスはSATA 6GbpsまたはSAS 12Gbps。バッファ容量は256MB、ディスク回転数は7,200rpm、連続転送レートが249MB/sec(10TBモデル)。

 サイズは101.6×147×26.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量が660g。MTBF(Mean Time Between Failure: 平均故障間隔)は250万時間で、保証期間は5年間。

内部構造

(佐藤 岳大)