ニュース

Qualcomm、モバイル端末向けSoC「Snapdragon 820」を正式発表

〜前モデル比でCPUは2倍、GPUは40%の性能向上

Snapdragon

 Qualcomm Technologiesは10日(現地時間)、モバイル端末向けのSoC「Snapdragon 820」を正式に発表した。

 Snapdragon 820は、Snapdragon 810比で2倍の高性能を謳う、14nm FinFETで製造された4コア最大2.2GHz動作のカスタムCPU「Kryo」を搭載したSoC。メモリはデュアルチャンネルのLPDDR4-1866をサポートする。

 搭載する「Hexagon 680」DSPへ、常時起動での各種センサー制御など、CPUから処理をオフロードすることで、低消費電力を実現している。

 GPUには、「Adreno 430」と比較して40%高性能だという「Adreno 530」を搭載し、Kryo CPUとの組み合わせにより、Epic Games製ゲームエンジン「Unreal Engine 4」において、スクリーン空間の反射、相対角度の変動する動的な反射、HDRレンダリング、目の明暗順応のシミュレート、TXAAなどをサポートする。

Unreal Engine 4を利用したグラフィックデモ

 画像処理プロセッサ(ISP)には最大2,800万画素撮影に対応する「Spectra ISP」を搭載。最新の14bitイメージセンサーや、ハイブリッドオートフォーカスなどをサポートし、低照度撮影時のノイズを低減する「Low Light Vision (LLV)」機能を備える。これらの処理は、Hexagon 680 DSPと「Hexagon Vector eXtension (HVX)」により、CPU単体よりも高速かつ低消費電力で処理できるという。

「Low Light Vision」処理のデモ

 端末の搭載ディスプレイは4K解像度までサポートし、HDMI 2.0/Miracast 2.0経由の4K映像出力、10bit 4K/60fpsのH.264/H.265動画のデコードに対応。オーディオでは、端末前面のステレオスピーカーだけでサラウンドヘッドフォンのような没入型オーディオの再生が可能であるとするほか、192kHz/24bitのFLAC再生をサポートする。

 セキュリティではハードウェアキルスイッチの「SafeSwitch」、3次元指紋センシング技術の「Sense ID」、機械学習型アンチマルウェア技術「Smart Protect」などを含むスイート「Qualcomm Haven」を搭載。

 通信面ではLTEカテゴリ12/13に対応する「X12 LTEモデム」を搭載し、下り最大600Mbps/上り最大150Mbpsに対応。Wi-Fiは、トライバンド、2x2 MU-MIMOをサポートしたIEEE 802.11ac/adに対応し、MU-MIMO非対応の11acと比較して2〜3倍高速な通信が可能だという。

 そのほか、ストレージにUFS 2.0/eMMC 5.1/SD 3.0(UHS-I)、インターフェイスとしてUSB 3.0/2.0、Bluetooth 4.1、NFCをサポートしており、「Quick Charge 2.0」からさらに38%効率化された高速充電技術「Quick Charge 3.0」に対応する。

(佐藤 岳大)