ニュース

日本HP、Star Wars仕様の15.6型ノートPCを国内でも発売

〜コンセプトアートや「オーラベッシュ」フォントなどを収録

「Star Wars Special Edition Notebook」※以下、筐体写真はすべて英語版

 株式会社日本HPは、「Star Wars Special Edition Notebook」を直販サイトにて10月14日より、量販店にて11月下旬より発売する。直販、量販店あわせて1,000台の限定販売製品で、税別直販価格は119,800円。

 本製品は、Lucasfilmから公式に認可を受けた「Star Wars」仕様の15.6型ノートPC。

 天板はつや消しで、反乱時代の激しい戦闘をイメージさせる「バトルイメージパターン」を採用する。

天板にはベイダー卿がデザイン。ヒンジ部のオーラベッシュの英訳は「Galactic Empire」とのこと
「バトルイメージパターン」

 キーボードには、シスのライトセイバーをイメージした赤のバックライトを搭載するほか、パームレストにはストームトルーパーとデス・スターが、タッチパッドにはデス・スターの赤道トレンチが表示されたX-Wingの誘導システムを再現したパターンが描かれている。

 コレクターへの配慮として、専用デザインの化粧箱は茶箱で梱包され、運搬時の傷を防ぐように考えられているほか、箱内部の緩衝材も、スターファイター「TIE Advanced x1」のベイダー卿専用機を模したデザインとなっている。

 スライドショー壁紙、映画中の効果音などを含むオリジナルのWindows通知音などを1クリックで変更できるテーマ機能や、撮影の舞台裏写真や、イラストアート、Star Wars旧三部作のコンセプトデザイナーを務めた、ラルフ・マッカリーの秘蔵コンセプトアートなどが収録されたアプリケーション「Star Warsコマンドセンター」がプリインストールされているほか、銀河標準文字「オーラベッシュ」のフォントが収録されている。

 主な仕様は、15.6型1,920×1,080ドット液晶ディスプレイ、Core i5-6200U(2.3GHz)、GeForce 940M、8GBメモリ、1TB HDD、光学ドライブ、Windows 10 Homeを搭載する。

キーボードにはシスのライトセイバーをイメージした赤のバックライトを搭載。日本仕様モデルではJISキーボードになるとのこと
ゴミ箱アイコンは初代デス・スターで、空の状態では第2デス・スターのアイコンになる
ちなみにオーラベッシュフォントはTTFで収録されていた

 本製品のアクセサリとして、「Star Wars Special Editionスリーブケース」、「Star Wars Special Editionワイヤレスマウス」も11月以降に発売予定。税別直販価格はそれぞれ4,980円、4,900円。

(佐藤 岳大)