ニュース

ソニー、フルデジタルアンプと独自技術で小音量時でも高音質なPC向けハイエンドスピーカー

〜Bluetooth再生にも対応

「CAS-1」

 ソニーは、Bluetoothセパレートタイプスピーカーシステム「CAS-1」を10月17日より発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭想定価格は80,000円前後の見込み。

 CAS-1は、Bluetooth接続対応のスピーカーシステム。従来の同社Bluetoothスピーカーは、アンプ部とスピーカーが一体となった“1BOX”タイプをメインに展開していたが、実際のユーザーの利用シーンでは、液晶ディスプレイやノートPCなどのために正面に設置できない場合が多いことを受け、本製品ではスピーカーとアンプ部を分離した“セパレート”タイプを採用し、左右に設置可能とした。

 製品名は「Compact Audio System」の頭文字を取って命名されたとのことで、机上での利用を想定し、最適な視聴距離を75cm〜2mとする「Near Field Listening」設計を採用。机との共振などを防ぐ、スピーカー設置用のスチール製プレート、スピーカーに角度を付けられる真鍮製スパイク(大/小)が付属する。

 スピーカーは14mmソフトドームトゥイーターとカーボンファイバー製62mmコーンの2ユニット構成。スピーカー端子にはバナナプラグ対応のスクリュータイプを採用し、好みのケーブルと容易に交換可能としている。付属ケーブルは、端がハンダコーティングされ取り付けやすくなっているほか、長すぎないようケーブル長を1.2mとし、巻き癖が付かないよう“ゆるまき”で出荷するなどの配慮がなされている。

仰角8°で設置できるスパイク
仰角設置
水平に設置できるスパイクも付属する
スチール製の台座

 スマートフォンなどとのBluetooth接続には、NFCによるワンタップでのリンク設定が可能なほか、同社独自の高音質コーデック「LDAC」に対応。mp3などの圧縮音源やCD音源を最大192kHz/24bitのハイレゾ相当までアップスケーリングする「DSEE HX」などを搭載。気軽に高音質で音楽を楽しめるとしている。

 Bluetooth接続だけでなく、USBメモリからのファイル再生(WAV/AIFF/FLAC/ALACほか)に対応するほか、PCまたはAndroid OS搭載デバイスとのUSB接続に対応。PCとの接続時には、PCM 192kHz/24bit、DSD 2.8MHzまでの再生が可能となっている。

 新設計のフルデジタルアンプにより、低ノイズ化、高品質なボリューム処理を実現したとするほか、小さい音量の際に聴き取りにくくなる高域/低域を、人間の聴覚特性に基づき補正する「Low Volume Mode」を搭載。大きな音を出せない環境でも高音質を実現しているとする。

 またヘッドフォン用のアンプ部には、同社ポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-2」相当の専用アンプを搭載。高インピーダンスのヘッドフォンにも対応しているという。

 スピーカーアンプの最大出力は24W+24W。インターフェイスはBluetooth 3.0、USB-A端子、USB-B端子、ステレオミニ出力を備える。

 サイズ/重量は、スピーカー(1本)が約95×172×178mm(幅×奥行き×高さ)/約1.5kg、本体が約55×210×178mm(同)/約1.3kg。色は白と黒の全2色。

利用イメージ
本体背面
本体内部
スピーカーアンプ基板
ヘッドホンアンプ基板
同梱のリモコン
スピーカー
スピーカー内部の構造。底面にバスレフポートを備える
黒モデル。スピーカーは木目調

(佐藤 岳大)