ニュース

マウス、3万円台からのWindows 10搭載11.6型モバイルノート

「LuvBook C」シリーズ

 株式会社マウスコンピューターは、11.6型のモバイルノートPC「LuvBook C」シリーズの新モデル4機種を発売した。BTOに対応しており、税別直販価格は34,800円〜54,800円。

 新LuvBook Cでは、CPUをBay TrailのCeleron N2840から、BraswellのCeleron N3150に刷新し、メモリもDDR3L-1333から同1600にクロックアップ。OSはWindows 10 Homeに変更された。

 一例として、最小構成モデル「LB-C240E」の主な仕様は、Celeron N3150(4コア、1.6〜2.08GHz)、メモリ2GB、SSD 32GB、11.6型HD(1,368×768ドット)光沢ディスプレイ、OSはWindows 10 Homeで、価格は34,800円。

 インターフェイスは、USB 3.0×1、USB 2.0×2、SDXC/MMC/メモリースティックスロット、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、100万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。

 本体サイズは約292.4×210.5×22.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.3kg。

 リチウムポリマーバッテリを備え、バッテリ駆動時間は約6.1時間。

 ほかのモデルはメモリ容量とストレージが異なっており、メモリ4GBとHDD 500GBの「LB-C240B」は44,800円、メモリ8GBとSSD 120GBの「LB-C240S-SSD」は49,800円、そして54,800円の最上位モデル「LB-C240X-SSD」では、メモリが8GBで、SSD 240GBとなっている。

PCMark 8 Creative acceleratedによる新モデルと旧モデルの比較

(中村 真司)