ニュース

日ハム戦でスマートグラスを使った近未来的な野球観戦が実施

〜カウントや選手情報などがリアルタイムで透過表示

実際にスマートグラス越しに見える映像

 スタジアムなどでのスポーツ観戦には、選手を直接観ることができたり、他のファンと一緒に応援したりと言った良さがあるが、TV中継のような詳細な選手情報や戦略の解説などがないため、詳しい状況をつぶさに把握しにくいという課題もある。

 その打開策の1つとして、スマートグラスを使ったプロ野球観戦の実証実験が9月22日に行なわれた。用いられたのは、エプソンのスマートグラス「MOVERIO BT-200AV/BT-200」で、実証実験参加者は、日本ハムファイターズ対ソフトバンクホークスの試合において、ボールカウントや得点、選手情報などがグラス上にリアルタイムで透過表示され、試合と関連情報を同時に観ることができた。

 今回はトライアル実施のため、カウントなどのデータ入力は、別途専用のオペレータが対応したが、今後はスタジアム自体で使われているデータをAPI化して連動させることで、よりシームレスなデータ表示を目指すほか、野球以外のスポーツへの展開も視野に、実証実験を続けていく。

 なお、イメージ画像の文字が中国語になっているのは、日本ハムファイターズ所属の陽岱鋼(ようだいかん)選手を応援するため、台湾から北海道を訪れた観光客が実験に参加したため。

「MOVERIO BT-200AV/BT-200」
参加者の様子
今回は専属のオペレータが情報をリアルタイムに入力した

(若杉 紀彦)