ニュース

ラピスセミコンダクタ、Arduino互換の省電力マイコンボード

〜待機時消費電力を9割削減

「Lazurite Basic」

 ラピスセミコンダクタ株式会社は、Arduino互換のマイコンボード「Lazurite Basic」を発売した。実売価格は5,600円前後。

 Lazurite Basicは、ラピスセミコンダクタの16bitマイコン「ML620Q504」を搭載したArduino互換のマイコンボード。待機時の消費電力をArduino比で90%削減し、業界最小クラスの低消費電力で、電池駆動の電子工作では今まで実現できなかった長時間駆動を謳う。

 Arduinoとハードウェア、ソフトウェア共に高い互換性があり、 Arduino Uno用に設計された拡張ボード(シールド)の接続も可能で、ソフトウェアプログラムも簡単にArduinoから移植できるという。

 主な仕様はCPUにML620Q504(16MHz)、64KB ROMを搭載。インターフェイスはGPIO 20系統、PWM出力8系統、外部割込み2系統(最大8系統)、12bit ADコンバータ5系統、I2C 1系統、SPI 1系統、非同期シリアル2系統。

 消費電流は待機中2mA、動作中10mA(無線送信中は25mA)。電源電圧は3.3/5Vの切り替えが可能。

 各ドキュメントや回路図、基板レイアウト、ソフトウェア開発環境などは専用サイトからダウンロードできる。

(佐藤 岳大)