ニュース

Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」が搭載

〜パスワード代わりに虹彩や指紋で認証

「Windows Hello」

 米Microsoftは17日(現地時間)、Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」を実装すると発表した。

 Windows Helloは、パスワードの代わりに、指紋や、顔、虹彩といった生体情報を使ってユーザーの認証を行なう。これによって、長いパスワードを多数覚えるといった煩雑さから解放される。

 指紋認証については、従来のセンサーが利用可能。顔や虹彩については、写真をユーザー自身と誤認することを防ぐために、赤外線センサーを内蔵する特殊なカメラを利用する。これについては、Intelの「RealSense 3Dカメラ」が対応する。

 認証は、Windowsへのログオンだけでなく、対応する各種Webサイトやサービスにも活用可能。生体情報はデバイス内部に保存されネットワークには流されないため、パスワードを使うよりもセキュリティを向上できるという。

(若杉 紀彦)