ニュース

日本エイサー、4型SIMロックフリースマホ「Liquid Z200」で国内参入

〜ブックオフ専売で1万円

「Liquid Z200」

 日本エイサー株式会社は、同社にとっては国内初となるスマートフォン「Liquid Z200」を28日に発売する。当面は古本買い取り/販売チェーンのブックオフ(BOOK OFF)のみで、丸紅グループが提供するブックオフオリジナルプランのSIMカードとセットで販売される。店頭予想価格は1万円前後の見込み。

 Liquid Z200は、480×800ドット表示対応4型液晶、MediaTek MT6572M(1GHzデュアルコア)、メモリ512MB、ストレージ4GB、Android 4.2.2を搭載するスマートフォン。SIMロックフリーで、SIM+Micro SIMのデュアルスロット構成となっており、片方にデータ通信専用カード、もう片方に音声対応カードを挿すといった使い方が可能という。対応周波数帯はHSPA/W-CDMAが2,100MHz/900MHz、GSM/GPRS/EDGEが1,900/1,800/900/850MHz。

 インターフェイスやセンサーは、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+EDR、Micro USB、microSDカードスロット(最大32GB対応)、音声入出力、200万画素カメラ、GPS、加速度センサーを備える。

 バッテリ容量は1,300mAh。駆動時間は約3時間(連続通話時間)。本体サイズは約65×126×10.3〜10.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約130g。なお、海外では多色展開を行なっているモデルだが、国内ではブラックのみを展開する。

 背面にはカメラの下に「Acer RAPID」と呼ばれるボタンを備えており、普通にボタンを押すことで設定した任意のアプリを起動できるほか、ボタンを長押しすることでカメラアプリを起動できる。

 また、通常のAndroidのホーム画面のほかに、「Quick Mode」と呼ばれる独自UIのホーム画面を用意。連絡先を顔写真付きで登録して呼び出しを簡易化できる「シニアモード」や、機能を最小限に抑える「ベーシックモード」、アプリや機能をカテゴリ別に分けて利用する「クラシックモード」、アプリ/機能アイコンのほかにダイヤルを大きく表示する「キーパッドモード」の4つから選んで利用できる。

左側面
右側面
上面
下面

(多和田 新也)