ニュース

WiMAX 2+、CA対応で220Mbpsへ倍速化

〜WiMAXは帯域削減で速度低下。ルーターを無償でWiMAX 2+へ交換

 UQコミュニケーションズ株式会社は27日、現行110MbpsのWiMAX 2+について、来春よりキャリアアグリゲーションを導入し、220Mbpsへ高速化すると発表した。

 現在のWiMAX 2+は、20MHz分の周波数帯を利用しており、速度は上りが10Mbps、下りが110Mbpsとなっている。このうち、下りについて、来春より、複数の電波を同時使用するキャリアアグリゲーション(CA)を導入し、20MHz帯×2を利用することで、2倍の220Mbpsへと高速化する。

 現在販売されているWiMAX 2+機器はCA非対応のため、来春までに対応製品を発売する。

 WiMAX 2+に新規に割り当てる20MHzは、WiMAXで利用している10MHz×3の帯域の2つを転用してまかなうもの。そのため、WiMAXは来春より周波数帯が10MHzとなり、上りの速度は15.4Mbpsから10.2Mbpsに、下りの速度は40Mbpsから13.3Mbpsへと低速化される。

 そこで同社では11月1日より、既存のWiMAX端末利用中のユーザーを対象に、契約解除料、登録料、端末代の全てを無料でWiMAX 2+ルーターへと交換する「WiMAX 2+史上最大のタダ替え大作戦」キャンペーンを実施する。

 申し込みはUQのサイトから行なう。交換後の端末は、「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」、「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」、「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」のいずれかとなる(いずれもCAは非対応)。ルーター交換後は、WiMAX 2+対応プランの「UQ Flatツープラス」か「UQ Flatツープラスauスマホ割り(2年/4年)」に加入する。

 なお、UQ 1Day 1日利用プランのみのユーザーは対象外だが、WiMAX内蔵PCに対してはルーターを提供する。WiMAXサービスを提供するMVNO各社からも同様のキャンペーンが行なわれる予定だが、WiMAX内蔵スマートフォンについてはKDDIから何らかの対応がなされる予定。

 WiMAXサービスは今後も継続されるため、WiMAX 2+ルーター/契約に移行後も、端末でWiMAX(ノーリミット)モードに設定すれば、速度は遅くなるが、容量制限なしで利用できる。WiMAX 2+は、月間7GBの制限があるが、契約から2年間はその制限なく利用できる。

(若杉 紀彦)