ニュース

OculusのHMDがまた一歩製品版に近づく

〜ヘッドフォン搭載の新プロトタイプ公開

「Crescent Bay」。白い四角は頭部の追跡用マーカーと思われる

 米Oculus VRは、米国時間の9月19〜20日にかけ、同社の開発するVR(仮想現実)向けヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift」の開発者カンファレンス「Oculus Connect」を開催し、HMDの新プロトタイプとなる「Crescent Bay」を公開した。

 現在Oculus Riftは、2段目のバージョンとなるDK2(Development Kit 2)が提供されているが、これはその名が示す通り、まだ開発者向けのもの。Crescent Bayも、まだ早期プロトタイプ段階で、解決すべき課題は多数あるが、コンシューマ向け製品版により近づいた形のものとなる。

 Crescent Bayでは、新しいディスプレイ技術、360度の頭部追跡、拡張された位置連動音量、劇的に改善された重量と人間工学的デザインといった改善のほか、ヘッドフォンを搭載し、音声出力にも対応した。音声については、ただ音が聞こえるだけでなく、RealSpace3Dの音声技術に対応させ、VR空間の中の位置や方向と連動するようになる。ディスプレイや重量などの細かな仕様や数値は、まだサイトでは明らかにされていない。

ヘッドフォンを搭載し、3Dオーディオにも対応

 このほかOculus Riftについて、Unreal Engine 4が最適化をさらに進め、Unityがステレオ画像最適化、3Dオーディオを含む専用アドオンなどにより新たに完全対応を図ったことなどが発表された。

(若杉 紀彦)