ニュース

ドコモ、スマホにかざすだけで回線認証を行なうポータブルSIM

〜SIMなしのスマホにかざすだけで通話などが可能に

「ポータブルSIM」
6月10日 発表

 株式会社NTTドコモは10日、SIMカードが入っていないスマートフォンなどにかざすだけで回線認証を行ない、その端末で通話やキャリアメールなど携帯電話の機能を利用可能にする小型端末「ポータブルSIM」を世界で始めて開発したと発表した。

 ポータブルSIMは、厚みのあるクレジットカード程度の大きさの端末で、中にSIMカードが入っているほか、BluetoothおよびNFCによる通信機能を搭載。これにより、SIMカードの入っていないNFC対応スマートフォンにかざすことで、SIMとスマートフォンのペアリングを行ない、SIMの入っていない状態のスマートフォンで、通話など各種携帯電話の機能が利用できるようになる。

スマートフォンなどにかざすことでその端末を回線認証する

 ポータブルSIMは複数台や、異なる端末をまたいでの利用を想定しており、例えば1つのスマートフォンにかざして認証を行なった後、別のスマートフォンで認証すると、元の端末はロックがかかり、新しい端末でSIM認証情報が利用できるので、SIMを抜き差しすることなく、複数の端末で同じ電話番号を利用できる。また、1つの端末に複数のポータブルSIMを交互にかざすと、1台の端末で個人用と会社用など複数の電話番号を使い分けることができる。

 このほかポータブルSIMには、複数のID/パスワード情報を保存する機能を持ち、スマートフォンやPCでログインが必要なサイトを開いた際に、ポータブルSIMをかざすと中に保存されたID/パスワードを自動入力することができるようになる。

 本体サイズは約80×40×5.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約20g。USBで充電する。

複数の端末で1つの回線認証を使い回したり、複数のSIMを使い分けることも可能
ポータブルSIMを利用したサイトへの自動ログオン機能も提供

 なお、ポータブルSIMに対応させるには特別な実装が必要で、現在市販されているスマートフォン/タブレットは対応していない。ドコモでは将来的に、更なる小型/薄型化を目指し、ウェアラブルデバイスなどに搭載させていくとしている。今回の発表に併せ、同社は7月23日にポータブルSIMの利用シーンについてアイディアを募る一般ユーザー向けイベントを実施する。

(若杉 紀彦)