ニュース

Cooler Master、アルミ基調のゲーミングキーボードとマウス

MECH 赤軸
5月16日 発売

価格:オープンプライス

 Cooler Masterは、アルミニウムを使用したゲーミングデバイス「AL」シリーズを展開し、5月16日よりキーボード、マウス、ヘッドセットの3製品を日本で発売する。価格はオープンプライス。

 「MECH 赤軸」は、カバーに肉厚のアルミニウムを使用したゲーミング向けキーボード。店頭予想価格は2万円前後(税別)の見込み。キースイッチには赤軸を採用し、75個のマクロと5個のプロファイルを保存できるオンボード128KBメモリを内蔵。専用のソフトウェアでカスタマイズできる。また、ヘッドセットとマウス接続用の音声入出力およびUSBポートを備える。

 配列は英語で、バックライトを内蔵。ポーリングレートは1,000Hz。64キーロールオーバーをサポートする。インターフェイスはUSB 3.0で、ケーブルはリムーバブル仕様。本体サイズは533×267×46mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1,686g。

 「Reaper」はAvago 9800レーザーセンサーを搭載した8ボタンのゲーミングマウス。店頭予想価格は8,300円前後(税別)の見込み。同じくマクロを保存可能なオンボードメモリを搭載し、専用ソフトウェアでカスタマイズ可能。

 最大解像度は8,200dpi、最大速度は150ips、最大加速度は30G。ポーリングレートは1,000Hz。8ボタンのうち5ボタンはオムロン製。ホワイトLEDによるライティングを備える。また、パームレスト部はアルミニウム、プラスチック、ラバーに交換可能。インターフェイスはUSB。本体サイズは73.85×127.22×37.24mm(同)、重量は145g。

 「Pulse-R」はヘッドフォン部に42mmドライバーを採用したヘッドセット。店頭予想価格は9,700円前後(税別)の見込み。ヘッドフォンインピーダンスは50Ωで、周波数特性は20Hz〜20,000Hz。マイクの周波数特性は100Hz〜10,000Hz、感度は-42±3dB、S/N比は60dB以上。3.5mmステレオミニプラグ仕様で、ケーブルは3mのリムーバブル仕様。

Reaper
Pulse-R

(劉 尭)