ニュース

東芝、フルHDで240fps動画が撮影できる裏面照射型CMOSセンサー

T4K82
3月 サンプル出荷

サンプル価格:1,500円

 東芝は、スマートフォンやタブレット向けに、フルHD(1,920×1,080ドット)動画を240fpsで撮影できる裏面照射型CMOSセンサー「T4K82」を製品化し、3月よりサンプル出荷する。サンプル価格は1,500円。

 従来の製品で高速に動画を撮影すると、1フレームあたりの露光時間が短くなるため、高画質と高速の両立が困難だった。T4K82では一般的なプログレッシブ形式ではなくインターレース形式で画像を出力する「ブライトモード」を採用することで、2フレーム分の露光時間を確保。さらに、各画素の明るさを2倍にする電荷加算方式を搭載し、ブライトモードオフ時と比較して4倍の明るさを実現した。

 出力されるインターレース画像は、東芝が提供するプログラムを搭載したスマートフォンなどの機器上で処理することで、劣化を抑えたプログレッシブ画像への変換が可能としている。

 通常モード時の4K2K(3,840×2,160ドット)で30fps、フルHDで120fps、QVGA(320×240ドット)で480fps。これがブライトモードでは、フルHDで240fps、QVGAで900fpsを達成できる。

 センサーのサイズは1/3.07型で、最大出力画素数は1,300万画素(4,208×3,120ドット)。量産時期は2014年9月、量産規模は200万個/月。

出力画素数 通常モード
(プログレッシブ出力)
ブライトモード
(インターレース出力)
13M(4,208×3,120) 30fps
4K2K(3,840×2,160) 30fps
フルHD(1,920×1,080) 120fps 240fps
HD(1,280×720) 120fps 240fps
WVGA(800×480) 240fps 480fps
VGA(640×480) 240fps 480fps
QVGA(320×240) 480fps 900fps

(劉 尭)