ニュース

東芝、OCZのSSD事業資産譲渡契約を締結

〜OCZはチャプター11を申し立て

12月3日 発表

 株式会社東芝は、米OCZ TechnologyのSSD事業資産に関する譲渡契約を、米国時間12月2日付けで締結したと発表した。

 SSD事業の強化が狙いで、OCZの技術開発、知的財産、販売網などによりさらなる事業拡大を見込む。東芝自身はNANDフラッシュメモリ技術を有しており、OCZのリテールやデータセンター用途のSSDを組み合わせ、競争力を高めるとしている。

 OCZは同日、アメリカ連邦破産法11章に基づく申し立てを行なった。裁判所の承認後、同11章363条の規定に従い、オークションを経て譲渡が完了する。

(山田 幸治)