ニュース

パソコン工房、東京・西国分寺の非公式ゆるきゃら「にしこくん」のビジュアライズPC

〜あぶみ瓦から伸びる2本足で人気

11月15日 発売

価格:99,800円〜

 株式会社ユニットコムは、東京・西国分寺の非公式ゆるきゃら「にしこくん」をデザインしたビジュアライズPC 2モデルをパソコン工房で発売する。予約受け付けを15日に開始し、出荷は12月中旬より順次行なわれる予定。

 にしこくんは、武蔵の国・国分寺跡から発掘されたあぶみ瓦をモチーフにデザイナーの西尾有未氏によって生み出された妖精で、「〜ブーン」の語尾や、瓦からスラリと伸びる2本足が魅力。2011年ゆるきゃらグランプリ全国3位、2012年のゆるきゃらグランプリ東京1位などの輝かしい実績を持つ、ゆるキャラ界でも屈指の人気者だ。

 パソコン工房が発売するビジュアライズPCは、NUC PCとノートPCの2モデルが発売され、いずれも天板ににしこくんをデザイン。カートンケースも専用品となるほか、壁紙も収録される。いずれも生みの親である西尾氏自らがデザインしたもの。

 ノートPCは、CPUにCore i3-3120M(2.5GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、HDD 1TB、DVDスーパーマルチドライブ、1,920×1,080ドット表示対応15.6型液晶、Kingsoft Officeなどを搭載。価格は119,800円。NUC PCは、Core i3-3217U(1.8GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、SSD 128GB、Kingsoft Officeなどを搭載し、ワイヤレスキーボードとマウスが付属して99,800円。いずれもWindows 7 Home Premium、Windows 8を搭載するモデルが用意されるという。

 本PCは、17日に東京・秋葉原で開催される「ASCIIフェス 2013 冬」で展示され、当日はにしこくんも来場する予定。

専用カートンケース
収録される壁紙

(多和田 新也)