ニュース

よりコンパクトで高速になったAndroid 4.4が公開

〜UIや機能も洗練

10月31日(現地時間)発表

 米Googleは10月31日(現地時間)、「KitKat」のコードネームで呼ばれていた「Android 4.4」を公開した。同OSは日本でも11月中旬よりイー・モバイルより発売されるスマートフォン「Nexus 5」に標準搭載され、数週間の内に、「Nexus 4/7/10」、およびGoogle Play版「Galaxy S4」と「HTC One」にも配信される。

 新バージョンの大きな特徴は、システムのフットプリントをコンパクトにし、メモリ512MBのエントリークラスのハードウェアでも動くようにするとともに、特にマルチタスクでの応答性を改善。また、システムや標準アプリのUIや機能性をより洗練させている。主な機能、改善点は下記の通り。

音声操作

 ホーム画面およびGoogle Nowの画面で「Ok Google」と言うと、音声検索画面が表示。ここでは、各種検索だけでなく、メールの送信や、ナビの表示、音楽の再生なども命令できる。

メディア再生

 音楽再生時や、ChromecastでTVなどに映像を配信しているときに、ロック画面に音楽/映画のアルバムアートが表示。曲の頭出し操作などもできる。

全画面表示

 Androidでは3からタッチによるソフトウェアボタンが搭載され、このナビゲーションバーとステータスバーが画面上下の一部領域に原則として常時表示されていた。これに対し4.4では、電子書籍や、動画、ゲームなどの実行時に、これらが自動的に隠され、全画面表示されるようになった。画面端をスワイプすると再度表示される。

電話

 新しい電話アプリは、通話履歴に応じて自動的にコンタクトリスト内の優先順位を変更するほか、電話帳にない番号から着信があった際、自動的にGoogleマップの企業やお店などのリストから番号を検索/照合し、発信元を表示する。

ハングアウト

 ハングアウトはSMSやMMSを統合。自分の場所の共有や、アニメーションGIFの送信も可能になった。また、標準のGoogleキーボードは絵文字に対応した。

印刷機能

 標準で印刷機能を搭載。Googleクラウドプリントのほか、HP ePrintなどGoogle Playで配信されている印刷アプリを入れておけば、他のアプリから写真や文書、Webページなどを印刷できる。

画面録画

 画面の録画機能が搭載され、アプリを使っている様子などをMP4形式で保存できるようになった。

UI

 ステータスバーとナビゲーションバーは背景が透明になり、オーバーレイ表示されるようになった。ブラウザは、ChromiumベースのWebViewへと変更され、ほとんどのHTML5機能が利用可能になった。

(若杉 紀彦)