ニュース

容量32GBになった手書き特化端末
「enchantMOON 32GB Professional Edition」

enchantMOON 32GB Professional Edition
11月1日 発売

 株式会社ユビキタスエンターテインメント(UEI)は、手書きに特化したタブレット「enchantMOON」に容量32GBモデル「enchantMOON 32GB Professional Edition」を追加し、11月1日に発売する。価格は49,800円。

 enchantMOONのストレージ容量を拡大し、専用デジタイザーペンを2本付属したモデル。enchatMOONは手書きに特化しており、815ppiの入力解像度を実現。文字認識をベースとした操作が可能で、手書きのページにハイパーリンクを設置する機能や、独自のプログラミング言語「MOONBlock」を搭載する。

 加えて10月より販売中止となっていた容量16GBのenchantMOONも、「enchantMOON 16GB Standard Edition」として11月1日より販売を再開する。価格は39,800円。

 そのほかの仕様は従来と同じで、SoCにAllWinner A10 1.2GHz、メモリ1GB、液晶に1,024×768ドット(XGA)表示対応8型ディスプレイ、OSにAndroid 4.0ベースの「MOONPhase」を採用する。

 インターフェイスはIEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、200万画素背面カメラ、30万画素前面カメラなどを搭載。バッテリは5,000mAh/3.7Vで。本体サイズは180×13×234〜280mm(幅×奥行き×高さ)、重量は699g。

 なお、これまでenchantMOONは直販のみだったが、新たにビックカメラ/ソフマップ店頭で11月上旬より販売開始する。

(劉 尭)