ニュース

東芝、2,560×1,440ドット13.3型液晶のUltrabook
「dynabook KIRA V832」

dynabook KIRA V832
4月24日 発売

価格:オープンプライス

 株式会社東芝は、高解像度液晶を搭載する13.3型Ultrabook「dynabook KIRA V832」を4月24日より発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は17万円前後の見込み。

 2,560×1,440ドット(WQHD)表示対応の13.3型ワイド液晶を搭載するのが最大の特徴。解像度だけでなく、従来機(dynabook R632)と比べて視野角は約1.7倍、コントラスト比は約2.5倍に向上したという。また、タッチ操作にも対応し、表面は耐指紋コーティングを施している。

 高解像度のため、文字が見やすくなるよう独自の画面設定ユーティリティを用意。100%(原寸)のほか、150%(フルHD相当)、165%(タッチ操作向け)、185%(フルWXGA相当)で選択できる。同時にマウスポインタの動く速さも拡大率に合わせて自動調節される。

 筐体は3月に発売した「dynabook V632」と同等で、液晶パネルを強化し、タッチ機能を追加した上位モデルという位置付け。高密度実装技術によるフットプリントの小型化や、マグネシウム板をプレス加工して製造した天板、フレーム無しキーボードやハニカムリブ構造による高い堅牢性、バックライト付きキーボードなどを継承する。

 製造工程で液晶の個体差に合わせた色合い調整を1台ずつ実施しているほか、超解像技術「Resolution+」、ハーマンと共同開発したharman/kardonスピーカー、低音補正のdts Studio Soundを搭載。ソフトはREGZA連携「RZスイート」、「TOSHIBA Media Player」を搭載し、Adobe「Photoshop Elements 11」、「Premiere Elements 11」が付属する。

 店頭モデルは「V832/28HS」の1モデルを発売。本体色はプレミアムシルバー。

 主な仕様は、Core i5-3337U(1.80GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、SSD 128GB、Intel HM76 Expressチップセット、13.3型WQHD液晶、Windows 8 64bit、Office Home and Business 2013を搭載。インターフェイスはUSB 3.0×3、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI出力、SDカードスロット、92万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約9.5時間。本体サイズは約316×207×9.5〜19.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.35kg。

 直販サイト「東芝ダイレクト」では、店頭モデルのモニター販売を実施中。入札下限140,700円、入札上限159,800円の条件で、入札額の上から70名が当選し、販売価格は70番目の人が指定した下限の価格になる。応募締切は4月21日23時59分。

上位構成でOffice選択の直販も受注開始

 東芝ダイレクトでは、上位構成のWebオリジナルモデルの受注を開始した。店頭モデルからCPUをCore i7-3537U(2GHz、ビデオ機能内蔵)、SSDを256GB、OSをWindows 8 Pro 64bitに強化し、Officeの有無を選択できる。直販価格は172,800円から。

(山田 幸治)