ニュース

2013年第1四半期の世界PC出荷量は、IDC調査開始以来最悪の縮小に

4月10日(現地時間)発表

 米International Data Corporation(IDC)は10日(現地時間)、2013年第1四半期の世界PC出荷量を発表した。これによると、出荷台数は7,630万台で、前年同期比の成長率は当初予想の-7.7%を大きく下回る-13.9%。4四半期連続のマイナス成長であり、1994年の同社調査開始以来最悪の縮小率となった。

 緩やかな景気回復や、Windows 8を搭載した新製品が投入されたものの、ローエンド向け小型ノートPCは、タブレットやスマートフォンに食われた。また、タッチ対応や超薄型の製品も出たが、それらの魅力は、コスト上昇や部材の調達難、およびWindows 8の評判が芳しくないといった問題に阻害された。

 特にWindows 8について、同社クライアント・ディスプレイ担当プログラム副社長のボブ・オドネル氏は、「Windows 8の発売は、PC市場に拍車をかけるどころか、勢いを押しとどめてしまった。UIの抜本的な変更や、親しみ慣れたスタートボタンの廃止、そしてタッチパネルによるコストの上昇で、PCの魅力はタブレットなどに見劣りする結果となった」と辛辣な分析をしている。

 メーカー別に見ると、Hewlett-Packard(HP)およびDellは、リストラなども相まって大幅なマイナス成長に。他方、Lenovoは「攻撃戦略」により、米国では2桁成長を見せるなどし、1位のHPに肉薄した。上位5位の順位は下表の通り。

【上位5位の2013年第1四半期世界PC出荷量(単位千台)】
メーカー 1Q13出荷量 1Q13シェア 1Q12出荷量 1Q12シェア 1Q13/1Q12成長率
1. HP 11,997 15.70% 15,726 17.70% -23.70%
2. Lenovo 11,700 15.30% 11,705 13.20% 0.00%
3. Dell 9,010 11.80% 10,110 11.40% -10.90%
4. Acer Group 6,150 8.10% 8,952 10.10% -31.30%
5. ASUS 4,363 5.70% 5,401 6.10% -19.20%
その他 33,075 43.40% 36,739 41.50% -10.00%
合計 76,294 100.00% 88,635 100.00% -13.90%

(若杉 紀彦)